素敵虫

毎年、この時期になると気になるんだけど、何だかんだで、結局ほとんど時間を割くことができずにいる虫たちがいます。

170919kobumaruenma.jpg
このコブマルエンマコガネもその一つ。
「フン虫」と呼ばれる虫の一種で、動物のフンを食べて生きている虫です。
この仲間で一番有名なのがファーブル昆虫記にも出てくる「フンコロガシ」だと思いますが、動物のフンを食べて生きている虫はけっして珍しいものではなく、公園に落ちている犬のフンにも飛んでくるほど身近にいます。

フン虫の仲間は結構人気がある虫たちで、全身がピカピカに輝いていたり、綺麗な模様が入っていたり、カブトムシのような大きくて立派なツノが生えていたり、とても動物のフンを食べて大きくなったとは思えないほど美しく、カッコイイものが多いのです。

体長1cmにも満たないコブマルエンマコガネも、胸部には大きなコブがあり、よく見れば頭には小さなツノまで生えています。
何ともカッコイイ虫ではないでしょうか?

秋にはフン虫たちが数を増やします。
今日も、フン虫を捕まえるトラップを設置してました。
明日、トラップを回収するのが楽しみです。
(ガン)

スポンサーサイト

2017.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

すごい顔

生き物を見ていると、「なんでこんな姿に進化したんだろう?」と不思議に思ったり、感心したり、驚かされたりすることがたまにあります。

こいつも、そんな生き物の一つ。


シロコブゾウムシ。

こうして見ると、人間なんか頭からかじられてしまいそうな、ものすごくエイリアン的な顔をしていますが、これで食べるのはクズなどの葉っぱですから驚きです。

普段はゆっくり動いて、葉っぱのかげに隠れたり、モソモソ葉っぱを食べたりしているわけですから、何もこんな狂暴そうな顔に進化することは無かったのではないだろうか。
シロコブゾウムシを見ると、いつもそんな気持ちになります。

は~、生き物って不思議。
(ガン)

2017.05.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

ウシカメ

気付けば1年ほど記事を書いておりませんでした。
また太宰府市を中心に、身近な生き物を紹介していきたいと思います。

さて、今回はもっとも身近なフィールドであります自宅の庭で見つけた生き物、「ウシカメムシ」です。
160508ushikame1

胸部の前方の左右がまるで牛の角のように突き出たカメムシです。
何とも凛々しい姿で結構人気のあるカメムシですが、野外で見かける機会はそれほど多くはありませんね。

それほど多くは無いんですが、何故か我が家の庭では良く見かけます。
160508ushikame2

ウシカメムシがどんな環境が好きなのか、なぜ家の庭では良く出くわすのか分からないのですが、先日は一度に4匹のウシカメムシを発見しました。
160508ushikame3

思えば庭以外の場所で、2匹以上のウシカメムシを一度に見た記憶がありません。
いつも特に意識して探すわけではありませんが、そうは言っても野山で見かける時は単独のウシカメムシばかりです。
160508ushikame4

今度、ノンビリとウシカメムシを眺めながら、なぜ我が家の庭がお気に入りなのか考えてみたと思います。
(ガン)

2016.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

今日(10/12)の活動

今日(10/12)、まほろばの森ビオトープにて「コガタノゲンゴロウ捕獲大作戦!!」行います。
(少雨決行!!)ドロンコになってもよい恰好で集合です。
一年前の活動はこんな感じです。

http://mahoroba2005.blog50.fc2.com/blog-entry-701.html

さあ、今年は何匹確認できるのでしょうか?
楽しみです。
※この活動は、事前申し込みをされている方に限りますのでご了承ください。

くま

2015.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

すごい形

先日紹介したジュウシチホシハナムグリの赤色タイプを見つけた日、もう一つ、以前から気になっていた虫を見つけていました。

150530sedakakogashira.jpg
セダカコガシラアブと言うアブの仲間(種名は不明)で、ネットで写真を見かけてからいつか実物を見てみたいな~と思っていました。
ごらんの通り胸部の背中側が大きく盛り上がっていまして、そのためか腰が曲がったような姿勢になっています。
体長1cmに満たないサイズですが、周辺を飛び回っていた他のハナアブやハチなどの中でもパッと目につき、その独特の体型は、ネットで見た時に感じた以上のインパクトがありました。

また観察していた時には気付かなかったのですが、口吻が非常に長いですね。
次に見つけた時には、この長い口吻で花の蜜を吸う様子を観察したいものです。
(ガン)

2015.06.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索