マルカメムシ

クズの茎にマルカメムシの幼虫を見つけました。

090630marukame
全身毛むくじゃらで、何となく可愛らしい姿をしています。
複眼が赤いのも素敵です。

090630marukame-a
こちらは成虫の姿。
幼虫時代とはうって変わってツルッとしています。

なぜ幼虫時代は毛深いのか?
なぜ成虫になるとツルッとなるのか?
どのようなシステムで幼虫は脱皮することで成虫の姿へと変化するのか?

昆虫の持つ“変態”という仕組みは実に不思議です。
(ガン)

スポンサーサイト

2009.06.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

ウラギンヒョウモン

先日、出張の帰りにちょっと寄り道してトンボを見に行きました。
場所は佐賀県某所。
トンボはイマイチでしたが、代わりにウラギンヒョウモンを見ることができました。

090622uraginhyoumon
久し振りに見ましたが、やはり綺麗ですね。
フレッシュな個体が多かったようですが、ちょうど今が発生時期なのでしょう。

いつの日か、我がフィールドにも現れないでしょうか?
(ガン)

2009.06.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

チョウ~3種~

最近、初めて見たチョウ、久し振りに見たチョウがいくつかありましたので、ご紹介します。

090614akashijimi
アカシジミ(シジミチョウ科)。
福岡県のレッドデータブックで「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されているチョウで、先日、初めて見ることができました。
コナラ林などに生息するチョウで、夕方などに樹上を飛び回る姿などを見かけることが多いそうですが、この日は、朝、コナラの木の近くの草地で休んでいるところを見つけました。
「太宰府にもいるはず・・・」と探していたので、嬉しい発見でした。

090614ochabane
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科)?だろうと思います。
福岡県レッドデータブックで「準絶滅危惧」に指定されており、やはり初めて見ることができました。
確認用の写真を何枚か撮った後すぐに飛ばれてしまったので、じっくり見ることができなかったのがちょっと残念です。

090614kuroshijimi
最後はクロシジミ(シジミチョウ科)です。
久し振りに見たこのチョウは、福岡県レッドデータブックで絶滅危惧Ⅰ類に指定されているチョウです。
これまでに何度か見たことはあったのですが、アカシジミ同様「太宰府にもいるはず」と探していたので、確認できて嬉しい限りです。
幼虫がクロオオアリの巣内で生活するという変わった生態の持ち主ですが、クロオオアリもたくさんいたので、探せば結構見つかるかもしれません。

これらのチョウについては、今後も生息状況を継続観察していきたいと思います。
(ガン)

2009.06.14 | | Comments(2) | Trackback(0) | 昆虫

何やら・・・?

先日、毎年行くホタルフィールドへ出かけた時のこと。

通りかかった草地で何やら地面をフンフンとかぎ回っている獣がいました。

「??、タヌキ?」

と見ていると、こちらに気配に気づいたのかトコトコと林に向かって駆け出しました。

「あ~、ちょっと待って~」とカメラを構えていると、林の手前で立ち止まり、こちらを振り返りました。

090607anaguma01
もう、日も沈み暗くなる直前ですので、写真を撮るのもままならない状態での撮影ですので、何ともぼやけた写真ですが、中央でストロボに目を光らせている獣が分かると思います。
何だか分かりますか?

090607anaguma02
同じ写真を拡大したものです。
タヌキに似ていますが、イタチの仲間のアナグマです。

太宰府市内でアナグマを見たのは初めてでした。
必ずいるだろうとは思っていたのですが、突然の出会いにとても興奮しました。
この後、再びトコトコ駆け出し、林の奥に姿を消しました。

足を運べば運ぶだけ、様々な生き物と出会うことができます。
決して他に類を見ないほど広大なフィールド、と言う訳ではありませんが、太宰府の自然は、まだまだ奥が深そうです。
(ガン)

2009.06.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 哺乳類

「昆虫標本編」 第1回活動終了

本日、まほろば自然学校の活動、「いきものふれあい講座 2009 ~昆虫標本編~」が終了しました。

090606hyouhon01-1
毎年恒例の活動で、自分達で採集した昆虫を標本として記録する活動です。

第1回目の今日は、昆虫の基礎を室内で学習した後、近くの農耕地で昆虫採集を行いました。

090606hyouhon01-2
毎年同じ場所で昆虫採集していますが、毎年少しずつ違った昆虫が採集されます。
今年も、みんな楽しそうに虫を追いかけていました。

090606hyouhon01-3
石垣から生えていたイヌビワで見つけたイシガケチョウの幼虫です。
元気に成虫へと育ったくれますように。

この他にもチョウやトンボ、キリギリスの幼虫、カマキリの幼虫など見つけることができました。
個人的には陸生のホタル、ムネクリイロボタルを初めて見ることができたので、満足のいく昆虫採集となりました。

次回は夏の市民の森で昆虫採集です。
また色々な虫と出会えることでしょう。
(ガン)

2009.06.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

「まほろば昆虫調査隊2009」第2回活動

昨年度から始めた「まほろば昆虫調査隊」。
今年度からは「太宰府市にはどんな昆虫がいるのか調べよう!!」ということで、参加者の皆さんと一緒に太宰府市民の森で昆虫調査を行っております。

紹介し忘れていましたが、5月16日に実施した第1回活動では活動内容の説明と昆虫調査の基礎について体験し、また各自がターゲットとする昆虫を決定しました。
第2回活動ではいよいよ昆虫調査の開始です!!

090602chousatai02-1
各々、自分のテーマに沿って、トンボ、チョウ、カメムシ、コガネムシなど、様々な昆虫を採集しました。

090602chousatai02-2
午前中が昆虫採集。午後からは室内で、採集した昆虫の同定作業(名前調べ)を行いました。
昆虫調査で難しいのは、昆虫を捕まえること以上に、捕まえた昆虫の名前を調べること。
みんな、色々な図鑑とにらめっこし、専門家の先生に尋ねながら名前を調べていました。

少し時期がずれてしまいましたが、今回の調査が「春の調査」。
今後、「夏の調査」、「秋の調査」と、あと2回の調査を予定しております。
どんな昆虫が出てくるのか、とても楽しみです。

090602chousatai02-3
活動中に見た昆虫から、ジョウカイボンです。
私の車のフロントガラスの前で交尾していまいた。
とても良く見かけるジョウカイボンですが、交尾を見たのは初めてでした。
(ガン)

2009.06.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

ブログ内検索