平成22年度「環境フェスタin太宰府」

お天気の良い連休になりそうですね。
みなさんはどこかに行かれますか?

さて、今年度の「環境フェスタin太宰府」の日程が決まりましたのでお知らせします。
日程は10月30日(土)、場所はお馴染み太宰府市民の森です。
今年は、ぜひとも企画の段階から子どもたちに加わってもらいたいな~と思っております。
まほろば自然学校で何がしたいか、何ができそうか・・・。みなさんアイデア下さいね。
では、いろいろ決まり次第お知らせしていきます。

くま

スポンサーサイト

2010.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

干潟環境教室

4月24・25日と、佐賀県鹿島市で行われた某新聞社主催の環境教室に行ってきました。

テーマは有明海の泥干潟。
一歩足を踏み入れれば簡単に腰ぐらいまで入り込んでしまう軟泥質の干潟で、ムツゴロウやカニ、ゴカイなど、そこにすむ生き物と環境をテーマとした体験型環境教室です。

私の学生時代の恩師が講師を勤めている関係で、ここ数年、毎年アシスタントとしてお手伝いしてきました。
24日は気温が低く、風も強い中での活動だったため、私が参加した年の中では最悪の天候でしたが、それでも皆さん寒さに負けず干潟に突入し、とても楽しんでくださっていたようでした。

また、まほろば自然学校の活動にいつも参加してくださっている男の子とお父さんもいらっしゃっていました。
太宰府市には海はなく、大きな川の下流・河口にも位置していないため、当然干潟はありません。
そのような環境の中で生活している方が、日本では有明海にしか残されていない大規模な泥干潟とそこにすむ生き物に興味を持ち活動に参加してくださったことは、個人的に非常に嬉しく、楽しい出来事でした。

この干潟教室は今年で10回目(10年目)だったのですが、とりあえず、今回で最終回となりました。
毎年、圧倒される規模で数多くの生き物達との出会いを支えてくれた有明海の干潟には心から感謝しています。

有明海は今、諫早湾の堤防開放問題で揺れています。
どのような結果となるにせよ、せめて現存する干潟だけは、これからも今と変わらない姿で後世へ残されるよう願うばかりです。

まほろば自然学校でも、いつか有明海に出かけるような活動ができないかと考えてくださっています。
いつの日か実現できるように私も頑張りたいと思います。


100425higata
干潟教室の舞台となった佐賀県鹿島市の干潟。
何回来ても感動と興奮に満ち溢れてた場所です。

(ガン)

2010.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

平成22年度活動予定

一雨ごとに暖かくなり、市民の森にもたくさんの昆虫達が出てきております。

本年度の活動予定ですが、もうしばらくお待ちください。
連休後にはブログにアップして、みなさんのお手元に届くようにしたいと思っております。

くま

2010.04.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | 自然学校

初トンボ

シオヤトンボも出ていました。

100418shioya
今年初めて撮ったトンボです。

さあ、色々出てきましたね。

(ガン)

2010.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

ヤナギハムシ

ヤナギハムシ。

100418yanagi01
1匹だけ成虫を見つけることができました。
これまであまりジックリと見る機会が無かったのですが、こうして見るとやっぱりテントウムシのようはハムシというイメージです。
体型は違うんですが、あの模様を見るとテントウムシを思い出さずにはいられません。

幼虫はこんな感じ。

100418yanagi02
集団でいるところは違いますが、どことなくテントウムシに似ていると思うのは私だけでしょうか?

(ガン)

2010.04.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

山の花

この春はいくつかの虫を狙って山をウロウロしているのですが、負け試合が続いています。
そんな時でも、ちょっと視点を変えれば色々な植物が見えてきます。
植物は動かないので、一度姿を捉えればいつまでもノンビリと観察できるのが良いですね~。

という訳で、今日も先日林道で見かけた花の写真です。

100415syaga
シャガ。
もう結構咲いていました。
こんな早い時期に咲く花でしたっけ?


【“山の花”の続きを読む】

2010.04.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

春の昆虫標本展示会のお知らせ

アイランドシティ中央公園ぐりんぐりん南ブロック内「ワークショップルーム」にて『春の昆虫標本展示会』が開催されます。
開催期間は4月18日(日)~5月5日までです。
博多昆虫同好会のメンバー所蔵の貴重な標本、生き虫、写真パネル等の楽しい展示予定です。
ぜひお出かけになってみて下さい。

24日はふくおかマルシェも開催予定です。
美味しいものも手に入って、楽しい標本も見ることが出来る。
この日はねらい目です!!
http://www.nishinippon.co.jp/jigyou/marche/index.shtml←「ふくおかマルシェ」

くま

2010.04.12 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

フデリンドウ

フデリンドウが咲き出しました。

100408rindou
毎年春になるとその姿を探すのですが、いつの間にやら花の時期が過ぎていきます。
花の後はどのような種ができるのでしょうか?
後で調べてみよう。

最近、身近な植物が気になります。

(ガン)

2010.04.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ナナホシテントウ

この週末は天気が良かったですね。
春真っ盛りといった陽気でした。

ということで、春の虫を探して山を歩いていたのですが、本命の虫は見つからず。

くたびれて山を降りてくると、ベニシジミやら、ツマキチョウやら、モンシロチョウやら、たくさんのチョウが飛んでいました。
みんな飛び回っていてほとんど写真が撮れなかったので、ちょっと目線を変えて草むらを眺めているとナナホシテントウがいました。
その時見つけたナナホシテントウの写真を2枚ほど・・・。

100405nanahoshi01
まずは幼虫の食事風景。
これまでナナホシテントウの幼虫が食事しているところに遭遇すると、食べていたるのは決まってアブラムシでした。
この時もそうだったのですが、ナナホシテントウの幼虫って他の小さな虫は食べないのでしょうか?
ガやチョウの幼虫とか・・・。

100405nanahoshi02
次は成虫の写真。
翅の中央前方にある大きな斑と、その向かって左下の斑がつながっている個体でした。
数年前ですが、かなり激しく斑が乱れているナナホシテントウを見つけたことがあるのですが、ナナホシテントウの斑って乱れやすいのでしょうか?

身近で親しみやすいナナホシテントウですが、じっくり見てみるとそれまで気付かなかった発見があって、なかなか面白い生き物です。

(ガン)

2010.04.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索