初冬のバードウォッチング その2

引き続き、11月28日(日曜日)の写真よりセキレイ類です。

101129segurosekirei
セグロセキレイ。
水際を歩いて地上や水底をついばんだり、飛び上がって飛翔する昆虫を狙ったり、餌採りに忙しそうでした。

101129hakusekirei
こちらはハクセキレイ。
・・・おかしなところに気付きましたか?

右脚の関節より下がありませんね。
何らかの事故等で切断してしまったのでしょう。
ちょっと歩きづらそうにはしていましたが、元気に飛び回っていましたし、この直前には付近にいたもう一羽のハクセキレイを追い払っていました。
切断の原因が人為的なものでないことを願うばかりです。

この日見たセキレイ類はこの2種のみで、冬になるといつも顔を見せるキセキレイは見られませんでした。
12月4日のバードウォッチング当日には姿を見せてくれるでしょう。

と言うことで今日はここまで。
明日は身近な小鳥を紹介予定です。
(ガン)

スポンサーサイト

2010.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 鳥類

初冬のバードウォッチング

今週土曜日(12月4日)に、毎年お手伝いしています御笠川でのバードウォッチングが行われます。
住宅地を流れる御笠川での、身近な野鳥を中心とした観察会なのですが、一応講師として参加させていただきますので、その下見を兼ねて、昨日(日曜日)御笠川沿いなどを下見がてら歩いてみました。

そこで見た野鳥を、何回かに分けて紹介します。
まずは水鳥を2種。

101129aosagi
アオサギです。
とさか(冠羽)を逆立てて警戒している時は、実にいかつい鳥だと思うのですが、静かに水辺にたたずむ姿を見ると、実に綺麗な鳥だな~と感じます。
背と胸のサラッとした飾り羽が見事です。

101129kogamo
コガモも来ていました。
オスはまだ換羽の途中なのでしょうか、まだ色合いがキリッとしていませんでした。
今週土曜日までに・・・、というのはちょっと無理でしょうね。
こちらを少し警戒しながら盛んに餌を採っていました。

とりあえず今日はこの2種のみ。
観察会の前日(金曜日)まで、少しずつ紹介しながら毎日更新を目指します。
(すぐにあきらめそうですが・・・。)

(ガン)

2010.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 鳥類

虫食い葉?

我が家のクヌギの木に何やら・・・
虫食いの葉に良く似せた生き物がたくさんついていました。


101126hosoba2.jpg

101126hosoba3.jpg

ホソバシャチホコの終齢幼虫。
複雑な模様がとても綺麗な幼虫でした。
どうやら寒い冬はサナギで越冬するようです。

明日は今年最後の活動です。
寒くなるようですが、風邪など引かないよう元気に出てきてください。

くま

2010.11.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

キッコウハグマ

先日の自然学校での四王寺山登山で見つけた白くて、小さい花。

101123haguma
名前をキッコウハグマと言うらしい。

「キッコウ」とは、葉の形が五角形で亀の甲羅(亀甲)に似ているからで、「ハグマ」とは、お坊さんが持つ払子(ほっす)という獣の毛を束ねたものに柄をつけた仏具に使うヤク(白熊:ウシの仲間)の毛に似ているからだそうです。

背丈の低い小さな草で、白い花がとても可愛らしく、登山道沿いの斜面にポツポツと結構咲いていました。
歩きながらとは言え、これ一枚しか写真を撮らなかったのが残念。
またチャンスがあれば、もっとのんびり観察したい花でした。
(ガン)

2010.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

頂上へ

11月20日、雲一つない秋晴れの中、陸上編の第3回活動「四王寺山登山」が終了しました。
毎年、焼米ヶ原までの登山ですが、今年は何と全員頂上まで登りました。
小学校行事等が重なり、参加人数が少なかったのでそれならばと頂上を目指す予定でスタートしました。
実は、私、幼稚園時代から四王寺山登山を経験しているのですが、頂上を目指すのは初めてでした。
参加者の皆さんも頂上までは初めての方ばかりでした。
頂上地点を集合場所から確認し、いざ出発。

101120rikujyou1.jpg

101120rikujyou2.jpg
頂上近くの毘沙門天でお参り。
101120rikujyou3.jpg
焼米ヶ原で残るグループと頂上目指すグループと分かれようとの案も出ましたが、
無事に全員410mの四王寺山を制覇しました。

翌日の私は日頃の運動不足がたたって、足腰ガタガタでした。

くま

2010.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

セアカゴケグモ

昨日、アイランドシティ中央公園へ行ってきました。
そこで見つけたものがこれ。
(ちょっと画像が悪いですが・・・)
101117kokegumo.jpg
セアカゴケグモ(幼体)です。
特定外来生物に指定されていて、毒のあるクモです。
館内に注意書きはしてありましたが、まさか簡単に見つかるとは思っていませんでした。
しかも誰でも座るベンチの下から。

誤ってつかむなどしない限り咬まれることはないようですが、みなさんも十分気をつけてくださいね。

くま

2010.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

太宰府市民の森再生・保全計画活動その2

活動の更新が遅くなりました。

先日秋晴れの気持ちの良い日の中、「自分たちの手で~太宰府市民の森再生・保全活動」のその2が無事終了しました。一日の活動の中で40名ほどが参加していただき、午前中にモウソウチクの伐採、午後からはそのタケを利用したワークショップを行いました。

圧縮 takekiri6

圧縮 takekiri3
前回の活動でモウソウチクを減らしたほうがよいと判断した地域のタケを1時間半ほどで40本ほど伐採しました。斜面に生えたタケをチェーンソーで切り倒し、ササを払いました。お父さん達の頑張りであっと言う間に終わりました。伐採されたタケは北谷にある油機エンジニアリング株式会社さんのほうでタケパウダーにしていただいています(今後、このタケパウダーを利用した実験を考えていますのでまたその際はみなさまご協力をよろしくお願いします)。

圧縮 takekiri5
一方、子ども達は、自由気ままな時間を過ごしておりました。

圧縮 kakekiri4

圧縮 takekir1
午後からはタケを使って、みんな思い思いのものを作っておりました。カニを作った人、門松を作った人、タケの棒で原始人ごっこをした人。

圧縮 takekiri2
それからこれ、釘などを一切使わずに作ったシーソー。ステキでしょう。
大人の人(体重の重いガンちゃん)が乗っても大丈夫です。
ですが、残念ながら森に置きっぱなしにはできず、現在はある場所で大活躍をしております。

生き物賑わう森作りを目指して、動き始めたばかりです。
今後も皆さんのお力、お知恵を拝借しながら活動を継続できたらと思っております。

くま

2010.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

クロマダラソテツシジミ

南方系のチョウでありながら、昨年劇的な北上を見せたクロマダラソテツシジミ。
今年も北部九州では見ることができました。
家の近所でも「いますよ~」という話を聞いていたのですが、先日、自宅に庭に来ていました。

101106kumaso
もうそろそろ晩秋といっても良いように思うのですが、まだ低温型にはなりきっていないようです。

そろそろ虫たちの数が減ってきました。
代わりに数を増してきたのが冬の鳥たち。

バードウォッチングが楽しい季節の到来です。
(ガン)

2010.11.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

6日の活動

先月24日に雨のため延期になった「自分たちの手で~太宰府市民の森再生・保全活動~」が行われます。
10:00から15:00を予定しています。
森にピクニックがてらぜひご参加ください。

くま

2010.11.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

ブログ内検索