ビオトープの生き物たち

6月15日(土曜日)に水路や池を整備した湿地ビオトープに、ちょうど10日後の6月25日(火曜日)に出かけてみました。

今回湿地の整備を計画した際に、「こんな生き物が来てくれると良いな~」という生き物が何種かいたわけですが、その一つがこいつ。
130626nihonaka.jpg
ニホンアカガエル。
さっそく来てくれました。

130626egg.jpg
6月24日の記事でも紹介してありましたが、カエルの卵がいくつかありました。
ヌマガエルかアマガエルだと思うんですが、どっちだろうか?
卵割が進んでいますね~。

130626komizu.jpg
水の中にはこんなのもいました。
コミズムシでしょうか?
初めてみた気がしますね~。
すぐどこかへ泳いで行ってしまいました。

トンボの仲間もやっぱり来てましたね。

130626harabiro.jpg
一番多かったのがこのハラビロトンボ。
数個体のオスが縄張りをはっていました。
ただ見ていて面白かったのが、縄張りをはっているのは先日整備したばかりの池ではなく、そこから水が漏れ出てできた水たまり。
何が違うのかなと考えましたが、整備した池は水辺や水中に植物が少ないのに対し、ハラビロトンボが縄張りをはっているのは草むらに水が溜まっただけの水たまり。
水辺から水中にかけて、もともとそこにあった植物が豊富に繁茂しています。
「あ~、やっぱりそうなんやね~」と感心してしまいました。

130626shiokara.jpg
シオカラトンボも来ていました。
ただ、オス1頭だけでしたね。
メスも来てくれますように。

130626kooni.jpg
ちょっと意外だったのがコオニヤンマ。
河川などの流水環境に生息するトンボですが、このあたりではあまり見たことがありません。
そばに小川はあるのですが。
ビオトープには流水環境もあるので、様子を見に来たのでしょうか?

整備してまだ10日ですが、色々な生き物が利用していました。
今後が非常に楽しみです。
(ガン)

スポンサーサイト

2013.06.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

6/22の湿地計画地

6月22日に湿地の確認に行ってきました。
1306221.jpg
前日までの雨の影響でみんなが掘ったすべての池には水路を通って水がなみなみと注ぎ込まれていました。

1306220.jpg
中心部の学生が掘った池です。そこをよく見てみると・・・!?

1306222.jpg
カエルの卵です。掘って一週間、すでに産卵場所としてカエルが利用していましたよ!!
卵はヌマガエルかアマガエルのようです。成長を見守っていきたいです。

別の活動の際に池づくりに参加してくれた親子ものぞきに行ったよなど話をしてくれました。
今後がますます楽しみです。

くま


2013.06.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

湿地再生活動報告

6/15、湿地再生活動、第2回目「水路を掘ろう」が終了しました。
お天気が心配されましたが、活動時には雨が上がり、湿度は多く暑いものの、ほどよい曇りの中で活動することができました。
1306151.jpg
この日の活動は水路堀り。大人も子どももスコップを抱えて水路を掘っていきました。

1306153.jpg
この日は西日本短期大学の西川先生率いる西川ゼミ+大隣先生率いるアクアプランツ部の学生にも来ていただきました。写真は大隣先生の指導の下、計画地の測量していただいているところです。

1306152.jpg
橋となっている土管脇の穴を埋めるための土嚢作り。

1306154.jpg
そうそうと子どもたちは泥遊び?いえいえ立派ないきものたちの街づくりをしておりました。

13061511.jpg
こちらは中学生までしか渡れない限定の橋を作っています。


【“湿地再生活動報告”の続きを読む】

2013.06.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

グリーンピアなかがわの活動報告

今年度、第3回目のいきもの観察会。
前半は鳥の巣について学んだ後、自分たちの巣を作ることに。大小様々、材料も様々、作る場所も様々、個性の光る巣が出来上がっていました。ちょうどこの日の夜の某番組ではカラスが取り上げられ、巣作りの様子も放映されていましたね。
1306161.jpg
ガンちゃんによる鳥の巣のお話。

1306162.jpg
お花がアクセントの巣。

1306163.jpg
空が近くて眺めがよさそうな巣。

1306164.jpg
苔のふとんが気持ちよさそうな巣。

1306165.jpg
後半は待ちに待った昆虫採集。ハンミョウ、トノサマバッタ、クルマバッタ、ゴマダラカミキリ、ミドリヒョウモンなどなど汗だくになって捕まえていました。


それから、この日はうれしい再会もありました。昨年、一時間ほどの環境学習で訪れた那珂川町の保育園の子が一年生になって参加してくれており、私たちを覚えてくれていました。那珂川町にもぞくぞくといきもの好きな子どもたちが育ってくれて嬉しい限りです。

来月、グリーンピアなかがわでの活動は「ライトトラップ」です。みなさん、お楽しみに!!

2013.06.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | グリーンピアなかがわ

湿地再生活動


湿地再生活動参加のみなさまへ

只今、6/15午前4時30分です。太宰府は雨模様。
予報では、午前中いっぱい雨だったり、早目に上がったりの予報です。
現地に予定通り9時30分からスタッフはいます。
雨の具合を見て無理なくご参加いただけたらと思っております。
では、雨でも晴れでもお待ちしています!!

くま

■日時■
6月15日(土)
9時30分から15時まで
※ご都合に合わせての出入り自由の参加方式です。
お昼の時間をまたぐときはお弁当を持参ください。

■活動内容■
整備活動(水路堀など)

■持ってくるもの■
軍手
クワなどの穴掘り道具(お持ちの方のみ)
水筒
お昼をまたぐ人はお弁当
タオル(汗ふき用)

■服装■
長袖・長ズボン・ぼうし・足元も作業しやすい靴・長靴など

※現地集合・解散になります。




2013.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

昆虫を科学する~カメムシのにおい~

「昆虫を科学する~カメムシのにおい~」の活動報告です。

今回の主役はズバリ、カメムシ!!
しかも実験の手伝いをしてくれたのが、このベニツチカメムシです。
どこにでもいるカメムシではありません。だから参加者のみなさんも今回見るのが初めてのようでした。
1306111.jpg
左がメス、右がオス。まずはじっくり観察。

1306112.jpg
それからこちら、蒸留器。こちらはにおいを抽出するために使いました。

sR0030899.jpg
さすがにカメムシを入れてにおいを取り出す・・・わけにはいきませんでしたので、今回はオレンジの皮からにおいを抽出してみました。

1306114.jpg
オレンジの皮からにおいを抽出している間に本題へ。カメムシのにおいの説明を行ってにおい実験開始です。

1306115.jpg
実験その①カメムシのにおいをかいでみよう。これも立派な実験です。オスかメスかを選び、試験管の中に入れ、刺激をあたえてチャレンジ。ベニツチカメムシのにおいは普段嗅ぐことのあるオーソドックスなカメムシのにおいとは少し違います。それぞれどんなにおいがしたか言葉で表現してみました。油揚げのにおい、青草のにおい、すうっとするにおい!!みんなギャーギャー言いながら、結構うれしそうににおいをかいでいました。
みなさんはこの写真の子の顔でどんなにおいだったか想像してみてください。

ちゃんと発見もありました。なんとオスのほうがメスよりもより強いにおいを出すことがわかりました。

1306116.jpg
そして実験その②カメムシは自分のにおいで気絶するか?!
試験管の中のカメムシが結果です。コロリとなっているのがわかると思います。その後、試験管の外に出してほっといたらモソモソと復活しました。

1306117.jpg
抽出器からはたくさんのフローラルウォーター、少量のエッセンシャルオイルが採れました。

今回はベニツチカメムシだけでしたが、いろいろなカメムシのにおい比べもやってみたいですね。
私にとってはとても楽しい企画でした。みなさんはどうでしたか?少しはカメムシを見る目が変わったかも?

次回は「チョウの鱗粉」です。
みなさんお楽しみに!!

くま

2013.06.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

まほろば昆虫講座~昆虫標本編~

こちらも始まっています。
「まほろば昆虫講座~昆虫標本編~」、こちらは団体設立当初からの活動なので今年でなんと9年目になります。
自分で昆虫採集をして、その昆虫を自分で標本にしていく内容は変わりません。
1306011.jpg
まず、昆虫の基礎を学んで、野外に採集という流れなのですが、あいにくこの日は雨。

1306012.jpg
小降りになった合間をみて、隣の公園で昆虫採集。
たった20分程度の昆虫採集でしたが、子どもたちはいろいろな発見をしていました。

1306014.jpg
数少ない女の子の参加者が見つけてきた不思議な葉。何が食べた跡なのか・・・。

1306013.jpg
部屋に戻ってからは事前に採集していた昆虫の体の細部を顕微鏡で観察。
「お~」、「すげ~」、「見て!!」と部屋のあちらこちらから聞こえていました。
トンボの翅の翅脈やスズメバチの単眼、クワガタのブラシ状の口器などを時間いっぱい観察しました。

次回予定は森での昆虫採集です。
思いっきり虫捕りができるよう晴れを祈ります。

くま

2013.06.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

昆虫を科学する~ホタルの光~

みなさん、今年ホタルはもう見ましたか?
私は一週間前に太宰府市民の森に行ってきました。
まだ、オスが多くこれからもう少し数が増えるだろうなという感じでした。
太宰府では、昨日は気温が低かったので、雨が上がった今日あたりが一番見ごろかもしれませんね。

さて、6月2日「昆虫を科学する」の講座が始まりました。
昆虫の不思議を科学実験を交えながら解き明かしていくのですが、第一回目の内容が「ホタルの光」。
1306021.jpg
おなじみのガンちゃんからホタルの生態や生活史のお話を聞きました。
その間もみんなは目の前にある試験管や安全メガネを触りたくてうずうず。

1306022.jpg
実験の手順をよく聞いて、早速実験開始。キッコーマンが製造している「ホタライト」という発光遊具を使って試験管の中にホタルの光を再現してみました。低学年の子どもたちもしっかり話を聞いて初めて触る試験管やピペットを上手に扱うことが出来ていましたね。

1306023.jpg
実験の結果もしっかりまとめ、みんなは小さな科学者。
ちょっと難しいホタルの発光の仕組話も真剣に聞いてくれました。

1306024.jpg
野外で実際にホタルを見て、きれいだな、すごなと思うことはとても大切です。今回この講座ではその一歩先、なんでホタルは光るのだろう?どうやって光を出しているのかな?という謎を専門家の先生のお話や科学実験を通して解き明かしました。

今日の体験やお話を通して、みんなが感じた「体の中で光を作り出すことのできるホタルってすごいな」というシンプルで奥の深いこの思いを大切にしてほしいと思っています。

次回の「昆虫を科学する」はカメムシの匂いです。
6月9日、お待ちしています!!

くま

2013.06.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

ブログ内検索