前半戦山越え

今年は、主催事業以外でとても忙しい毎日です。
ありがたいお話です。
夏休み突入後の前半戦の山をとりあえず越えました。
ホッと一息・・・?

ぼちぼち報告をアップしていきますね。

昨日は、仕事ではなく遊びにグリーンピアなかがわに行ってきました。
山水プール、おすすめです。

130730.jpg


グリーンピアなかがわ

くま

スポンサーサイト

2013.07.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

本日のライトトラップ

「まほろば昆虫講座2013~夜の昆虫採集~」は予定通り行います。
何かありましたらご遠慮なく岩熊までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

くま

2013.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

湿地再生活動

夏休みも始まりましたね。
今日は福岡市でも気温が37℃を超えたとか・・・。

さて、そんな暑い中でも子どもから大人まで汗を流し、20日の「湿地再生活動」は楽しみながら作業することができました。

1307221.jpg
まずは、前回の活動から1か月、水を入れたあとのビオトープがどうなったかみんなで観察です。あちらこちらから、「カエルがおる~!!」、「トンボが卵を産みよる~!!」、声がするところにみんな移動しながらいろいろな生き物を観察することができました。

1307222.jpg
こちらはおそらくアメリカザリガニがいるようで、穴に棒を突っ込んでなにやら確認中。

1307223.jpg
いつも水路担当でお世話になっているS木さん。ゴミが流れ込まない仕掛けを作成中。

1307224.jpg
この日、大事なミッションとして看板作製がありました。子どもたちが中心となって素敵なものができあがりました。

1307226.jpg
素敵な看板その1です。その2もありますが、そちらはぜひ現場で!!今週中に立てにいきます。

1307225.jpg
それから、堰を登るたくさんのトウヨシノボリの稚魚を見ることができました。小さな体でえいっと堰を超え登っていくさまは何とも言えず、命あふれるビオトープの今後がますます楽しみになりました。

これで一応前半期の活動は終了です。参加者のみなさんが適材適所、自分のできることをできる範囲で進めていき、素敵な空間が出来つつあります。
また9月から活動を再開していきます。その際はさらに多くのみなさまにご参加いただけたらと思います。

くま

2013.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

明日のお知らせ

いよいよ夏休みが始まりましたね。
どうにか各小学校へ「いきもの夏号」の配布も間に合いました。
ホッと一安心。

さあ、夏休み第一発目の活動は「湿地再生活動」です。
明日の活動内容はMy池を掘っていない人たちは各自掘っていただいたり、生き物観察をしたり、これまでの報告、これからの報告を行います。
そうそう、子どもたちには大事なミッションがあります。看板作りです。ペンキも板も購入済み、準備バッチリです。

明日も暑くなりそうです。熱中症対策を十分にして現地集合です!!
飛び入り参加もお待ちしております。

活動時間;9時30分~12時まで
※足元がぬかるむ場所が多く出来たら長靴、そして汚れてもいい恰好でお願いします。

130719.jpg


くま

2013.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

お知らせ

今年、まほろば自然学校は「SAVE JAPAN プロジェクト2013」のお手伝いをさせていただきます。募集が始まりましたのでお知らせいたします。
福岡の各地で楽しい企画を行っていきますのでどうぞご参加ください。
申し込み先がうちではありませんので、ホームページをご確認のうえお申込みください。

みなさんのご参加お待ちしております。

くま

2013.07.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

ニイニイゼミ

いつの間にか、森にはセミの鳴き声が響き渡っています。

今のところ、一番多いのはニイニイゼミ。

130715nini.jpg
ハルゼミを除けば、太宰府市では毎年一番早く鳴き始めるセミです。

そう言えばニイニイゼミの羽化殻は、他のセミと違って泥がいっぱい付着していますが、あれはなぜなんでしょうか?
毛深かったりするんでしょうか?
良く見れば成虫も毛深いような・・・?

(ガン)

2013.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

昆虫標本編 第2回

7/13、標本講座の第2回目、やっとお天気に恵まれ虫捕り日和。
この日は、日本経済大学からボランティア実習のお兄さん2人も加わりにぎやかな昆虫採集となりました。
やはり、夏の虫といえばカブトムシにクワガタのようで、私が捕まえるカメムシには目もくれずみんな必死に探し回っていました。
1307141.jpg
採集昆虫は、エダナナフシ、ノコギリカミキリ、キマワリハラビロトンボなどなど、そしてお目当てのカブトムシ、コクワガタも見つけることが出来ました。

1307142.jpg
蹴った樹下を探し回る子どもたち。

1307143.jpg
こちらは、ヒラタクワガタをめぐってのじゃんけん大会。いつも来てくださっている参加者のお父さんが近くで採集したものを持ってきてくれました。I東さん、ありがとうございます!!
勝者は2名、しっかりお世話をがんばってね。

1307144.jpg
帰り道、お馴染みのキノコちゃんがキノコ解説を行ってくれました。この日は意外とたくさんのキノコも見つけることができ、みんな「食べられると~?」、「いや、これは猛毒よ!!」、そんな掛け合いが多く聞こえていました。結構毒有キノコ、身近にあるのですね。

さあ、夏本番、みんな身近な生き物たちにしっかり触れ、いろんなものを感じる夏にしていきましょうね!!

くま

2013.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

ノコギリクワガタ

今年の初クワはノコギリクワガタ。

130712nokogiri.jpg
樹液に来たメスを中型のオスがガードしていました。
写真では分かりにくいですが、オスの左の大あごは先端が欠けています。

ノコギリクワガタは色々な場所で比較的簡単に見つけることができるので、どうしても普通種扱いされがちですが、やっぱり大きな「水牛」に出会うとドキドキしますね。

それにしてもクワガタが出てくるようになると夏も本番ですね~。
皆様、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。
(ガン)

2013.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

九州自然体験の旅~干潟編~

今年も佐賀県鹿島市「道の駅 鹿島」で干潟体験の旅に行ってきました!!
前日までお天気が非常に悪く、鹿島に向かうバスでも雨に降られ、現地に着くまで入れるかわからない状態でしたが、鹿島はお天気もよく暑さも十分、絶好の干潟日和でした。

1307070.jpg
干潟を眺めながら干潟の仕組み、生き物の話を聞きました。

1307071.jpg
お昼ご飯を食べ、ミニ水族館なども十分楽しんだ後、いよいよ干潟に入る準備です。ガタスキーの使い方や諸注意を聞いた後、みんなおそるおそる干潟へ!!そして汚れる前にパシャリ。

1307073.jpg
みんな最初はおっかなびっくりで干潟に入っていましたが、一時すると・・・。

1307074.jpg
全身泥まみれ。

1307075.jpg
ムツゴロウかと思うような子まで出現。

1307076.jpg
こちらは泥と一体化?

1307077.jpg
ガタスキーの使い方にも慣れ、思い思いに干潟を楽しみました。

1307072.jpg
大人も子どもも泥まみれになって十分鹿島の泥干潟を楽しみました。みんないい顔でしょ?

1307078.jpg
最後、ここはやはりまほろば自然学校、干潟にいる生き物たちの勉強もしっかり行いました。みんなモクモクと集めていた生き物を見てもらいました。ムツゴロウにワラスボ、ゴカイにシオマネキ。貝の仲間も数種類。ハクセンシオマネキを100匹近く捕まえていたグループもありました。
ちなみにムツゴロウはお昼ご飯の地産地消弁当に入っていましたが、みんな気づきましたか?あ、しかも今朝の「あまちゃん」にも佐賀県の食べ物代表でみんなが食べたムツゴロウの蒲焼が登場していましたよ。

全国的にも少なくなってきている干潟を体でめいいっぱい感じることのできた一日でした。

くま




2013.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

干潟編

みなさん、おはようございます。
「九州自然体験の旅~干潟編~」に申し込みをされている方にお知らせです。

今日の活動はあります。
集合時間までに集合場所にお集まりくださいね。

雨は降ったり止んだりでしょうが、干潟に入るときには雨が降らないことを祈りつつ鹿島に出発します。

では、何かありましたらご連絡ください。

追伸;昨日の標本編の昆虫採集は13日に延期になっております。またご連絡しますのでよろしくお願いします。

くま

2013.07.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

初夏の虫達

先日クロシジミを見に行った時に見た、その他の虫などを紹介です。

130704toranoo.jpg
今年は満開の時期に写真を撮りに行きたかったのですが、時間が取れず撮り損ねてしまいました。
オカトラノオ。
他のよりちょっと遅めに咲いていたものを撮影しました。

130704hanamuguri2.jpg
こちらも、まだ花が残っていたクリの木で見つけたヒメトラハナムグリ。
相変わらずの毛深さ。
そう言えば写真を撮ったのは初めてでした。

130704hanamuguri1.jpg
同じクリの木にいたジュウシチホシハナムグリ。
立派な触角のオスでした。

130704hamaki.jpg
クリの花で吸蜜していたビロードハマキ。
いつもながら、翅の模様がすごい!!

130704amigasa.jpg
最後はアミガサハゴロモの幼虫。
綿毛のような飾りで体を隠していました。

梅雨明け前の今の時期は色々な昆虫が見られる面白い季節です。
できるだけフィールドに出たいですね~。
(ガン)

2013.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

初夏のシジミチョウ

今にも雨が落ちてきそうな天気。
強い風も吹いていましたが、山に出かけてきました。

ターゲットは毎年出現状況を確認しているアイツ。

130703kuro1.jpg
今年もいました。
クロシジミ。

130703kuro2.jpg
時期の問題か、天気の問題か、毎年のピーク時期と比べると少なめでしたが、今年も姿を見ることができて一安心です。
(ガン)

2013.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

まほろば記者クラブ 夏号に向けて

みなさん、「いきもの」春号見られましたか?
今、まほろば記者たちは夏号に向けて身近ないきものたちについて取材中です。

さて、先月の学びの会の活動報告です。
前半は、ガンちゃんによる「写真を撮るコツ」です。

1307021.jpg
この日は、おうちのデジタルカメラをみんな持ってきてもらいました。お父さんに借りた一眼レフカメラを持ってきている子もいて、みんなちょっとしたカメラマンでした。
ガンちゃんから上手に写真を撮るための3つのコツを聞いた後、室内で動かない恐竜や鳥たちをみんな真剣に写していました。

1307022.jpg
次に外に出て動くものの撮影です。風に揺れる花やちょろちょろ動き回るアリをどうにか写そうとみんな必死でした。動かないものと違って、生きている生き物を撮影するのは難しいということを改めて実感したようです。

1307023.jpg
こちらは密かにキノコちゃんによるキノコの撮影方法講座が行われていました。

1307024.jpg
後半は西日本新聞の記者の方をお招きして、「わかりやすく記事を書く方法」のお話をしていただきました。

1307025.jpg
記者さんに出されたお題で文章を書く子どもたち。
取材したことを言葉にするのは難しいようで実は簡単だよというお話でした。しっかりルールを守って書いていけば何も難しいことではない、そして取材をして気づいたことを書き加えていくとよりわかりやすくなるなど実際にお仕事として記事を書かれている記者さんの貴重なお話を聞くことができ、子どもたちにとっても大変よい機会となりました。

さて、みなさん、「いきもの」夏号もお楽しみに!!

くま

2013.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

ブログ内検索