2013

2013年、いよいよ今日で最後ですね。
無事に事故、ケガもなく一年を終えることが出来ました。
今年は協働で行う企画も多く、活動の幅が広がりました。また外からのお仕事がとても多く、色々な経験をさせていただき充実した一年でした。
このまま、大きく来年に繋げていきたいと思っております。
まほろば自然学校を支えていただいている皆様に感謝です。
ありがとうございました!!

では、来年も宜しくお願いいたします。

※年明け25日は「太宰府湿地再生活動」が再開です。
現地集合、9時30分開始です。みなさんお楽しみに!!
両生類の産卵に期待がかかります。

くま

スポンサーサイト

2013.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

タヌキ

クリスマスも過ぎ、気付けばもう年の瀬。
ネタが無かった訳ではないのですが、何となくブログの更新も滞り気味・・・。

こんなことではイカン!!と、久し振りに更新です。

ちょっと前に自動撮影カメラで何とか撮影できたイノシシを紹介しましたが、その後も森のあちこちで獣の撮影を試みております。

・・・で、比較的良く姿を見せてくれるのがコイツ。

131227tanuki1.jpg
タヌキ。
九州にすむのはホンドタヌキというタヌキで、本州や四国にも生息します。
北海道にいくとエゾタヌキというタヌキが暮らしています。

131227tanuki2.jpg
いつも同じエリアにカメラを設置しているのですが、ペアと思われる2匹が生息しているようです。

131227tanuki3.jpg
近くには「ため糞場」があります。
タヌキは家族やお隣さんのタヌキなどが同じ場所に糞をする習性があり、糞がたまります。
この写真の真ん中に写っている黒っぽい塊が「ため糞場」で、タヌキ同士の情報交換の場ではないかと考えられています。

131227tanuki4.jpg
タヌキは里山を代表する獣の一つ。
我々人間のすみかにも足を踏み入れながら、とても近い場所で生活しています。

と言うわけで、おそらく今回が今年最後の更新です。
今年もお世話になりました。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様、良いお年しを~。
(ガン)

2013.12.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 哺乳類

森林整備活動

12月8日、「森を科学する」の最終講座「森林整備」の活動報告です。
冬晴れの暖かい日の中、子どもから大人までたくさんの方に参加いただきました。
1312161.jpg
森の生態系を脅かしているモウソウチク、そしてハチクの現場をみんなで見に行きました。そしてタケを切り出す講師の先生方、その後ろにはタケを斜面から運ぶ親御さんたち、そして最後に森から引きずり出して広場に運ぶ子どもたちと三段階の仕事に分かれて作業を開始しました。

1312162.jpg
タケを切り出す講師の先生方。

1312163.jpg
タケを引きずり出す子どもたち。

1312164.jpg
切り出したタケのササを払いました。

1312165.jpg
子どもたちは林床整備まで行い、現場はスッキリ。

1312166.jpg
昼食をはさんで午後からはタケを使って思い思いのものを作り始めました。厄介者のタケがステキな門松やお皿や水筒、そして花瓶にみんなの手で変身していきました。

1312167.jpg
子どもたちも失敗しながらものこぎりで一生懸命作業していました。

1312168.jpg
出来上がった作品たち。

1312169.jpg
年に一度の整備活動ですが、森に感謝し、森の事を知る良い機会です。末永く続けていくことが大切だと思っております。みなさんのご協力に感謝いたします。

くま

2013.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

イノシシ実験その後

「森を科学する」の第3回講座、「森にすむイノシシ」の中で、イノシシの出現ポイントを推理しセンサーカメラでその姿を撮影しようという実験をしましたが、その結果の報告です。

第3回講座の前後から、活動エリア周辺にはイノシシが現れている形跡がなく、センサーカメラにも残念なことに何も写らない夜が続いておりました。
しかし先週の金曜日の夜あたりから、再びイノシシが出没しているような形跡があり、新しい足跡を多数確認することができました。
そこで、活動の中で推理したイノシシ出現ポイントのうち・・・、
131209ino3.jpg
最も足跡が多数確認できたエリアに近いこの場所にカメラを設置しました。

すると・・・

131209ino.jpg
分かるかな?
中央よりやや左寄り。
暗やみに光る二つの目玉。

131209ino2.jpg
拡大してみると、何となくイノシシのように見えるかな?

ちょっとカメラから遠い場所だったのではっきりとその姿をとらえることはできませんでしたが、みんなで推理したポイントの一つでイノシシを撮影することができました。

これからもイノシシなど、夜の森を動き回る動物たちの撮影は続けていきます。
その結果はまた紹介していきますので、お楽しみに。
(ガン)

2013.12.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

明日(12/8)の活動

明日、「森を科学する~森林整備活動~」は予定通り行います。
みなさん、よろしくお願いいたします。

くま

2013.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

森にすむイノシシ 後編

さて、前の記事の行列から時間をさかのぼること2時間半。
実験3の準備は事務局側で行っておりました。
1312031.jpg
実験その3ずばり「イノシシを食らう」です。

1312032.jpg
参加者のみなさんにぜひイノシシを食べてもらおうと事前に購入したイノシシの肉1kgを使ってイノシシ汁を作りました。実は私(くま)こんなに大きな鍋を使って、しかも薪を使ってこのキャンプ場での料理は初めて・・・。少々不安を抱えながらのスタートでしたが、スタッフのみんなの手際のよいことに助けられ、どうにかシシ汁40人前、そして足りないことを予想して豚汁40人前の大鍋2つを用意することができました。

1312033.jpg
給食で使うような大鍋にびっくりしました。

1312034.jpg
火の番は中学生スタッフとちびっこスタッフにお任せ。

1312035.jpg
スタッフの協力あってどうにか時間通りに出来上がりました。

1312036.jpg
まずはみんなシシ汁を堪能してもらい、おかわりは豚汁に。

1312037.jpg
みんな持参したおにぎりと一緒にいただきました。あっという間に完食で、作り甲斐もあったというものです。

自然界ではイノシシを食らう捕食者のオオカミは絶滅してしまいました。増えすぎたイノシシを捕食する動物はヒトしかいません。太宰府市内で捕らえられたイノシシたちも実際には焼却処分になっている現実があるそうです。もっと手軽にイノシシの肉を購入できて(しかも安価で)、イノシシを食べる循環社会が出来上がってくればいいですが、現実にはまだまだ・・・。
参加者の皆さんもこれを機会に1年に1度はイノシシを食べる習慣をぜひ付けましょう。
皆さんの小さな一歩が大きな一歩に必ずつながるはずです。

くま

2013.12.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

森を科学する~森にすむイノシシ~活動報告

あっという間の一週間、そして師走に突入・・・早いですね。
先週の「森を科学する~森にすむイノシシ~」の活動報告をします。
1312020.jpg
この日はやっと森で行うことができました。気温も暖かく、穏やかな天候に恵まれました。
さて、この日はタイトル通り森にすむ「イノシシ」がテーマです。市民の森には結構な数のイノシシが棲んでいます。ですが、その姿を見たことのある人は多くありません。そんなイノシシのことをちょっとでも知ってもらえるよう、今回も楽しい実験を用意しました。早速、ガンちゃん先生に連れられてみんなある場所に移動していきました。その場所とは、今年の4月から湿地を再生している場所です。実はここ、イノシシたちの格好の遊び場となっているのです。

1312021.jpg
そこで、みんなが挑戦した実験その1「イノシシの足跡を持ってかえろう」です。泥の上に無数についたイノシシの足跡を一つ選び、それに石膏を流し込みます。

1312022.jpg
そして待つこと1時間弱。その間、実験その2をみんなはしたようですね。

1312025.jpg
実験その2「イノシシの通り道を探せ」ということで、ここはチームに分かれてイノシシが通りそうな場所を見つけてくるというもの。そこにガンちゃんがセンサーカメラを夜な夜な仕掛けてイノシシを撮影しようというものです。みんなそれぞれ探してきてガンちゃんに報告したようです。さて、センサーカメラに写るかどうかはお楽しみに!!

1312023.jpg
石膏が乾いたところで、みんな歯ブラシで泥をごしごし落としたら…。

1312024.jpg
見事、二爪のイノシシの足跡が出来上がり。みんなしっかりイノシシの足跡を持ってかえることができました。

1312026.jpg
11時30分ピッタリにいよいよ最後の実験その3が始まりました。さて、この実験のためのこの行列はいったい何でしょうか?続きはまた次回!!

くま

2013.12.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索