明日(11/30)の活動

明日はどうにかお天気がもってくれそうです。
よって、活動場所はいつもの森です。

みなさん、キャンプ場集合ですよ~。

※もしおうちにつぶしていないアルミ缶があれば実験で使いますのでお持ちください。なければこちらでも用意しますので大丈夫です。

くま

スポンサーサイト

2014.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

身近ないきもの観察会

連休初日(11/22)、秋晴れの暖かい日の中、「身近ないきもの観察会」が行われました。これは、平成26年度ふくおか地域貢献活動サポート事業で助成頂いている「太宰府移動自然博物館~だざいふのいきものたち~」の一環です。生物多様性の保全には、私たちの身近ないきものに興味を持ってもらうことがまずは何より大事ですよ!!ということで自らいきものに触れてたくさんのことを感じてもらおうとお馴染みの太宰府市民の森での観察会です。
1411221.jpg
スタート地点の横。ここだけでも様々ないきものに出会えます。

1411222.jpg
今時期の森での甘いおやつ、フユイチゴの収穫に夢中な子どもたち。

1411223.jpg
フユイチゴ。

1411224.jpg
靴が濡れようともお構いなし。こちらはサワガニ探し。

1411225.jpg
サワガニ探しの子どもたちを見守るヒメクダマキモドキ。

1411226.jpg
ルリビタキのいい声が森に響いています。

1411227.jpg
森にいる様々ないきものたちのポストカードです。みんなにお土産。

フユイチゴにサワガニにジョウビタキ、天然のエノキにシロダモ、そのほか今まで何気なく気にも留めなかったいきものたちのことを専門家の話を聞きながら観察してのんびりと散策しました。改めてこういった何気ない観察会って大事だなと思うひと時でした。次回は2/21、寒い冬の森にもいきものたちがいっぱい、お楽しみに!!

くま

2014.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

どんぐり実験その後

2014年11月18日の記事の続きです。

2014年11月16日(日)の「森を科学する2 森にすむフクロウ」講座の中で行ったドングリ実験。
フクロウの命を支えるネズミたちが本当に森でくらしているのかを確認するため、森の中にドングリをおいて、そのドングリが持ちさられるかという実験をしました。

昨日、11月25日(火)に再び森へドングリの様子を見に行ってきました。
本当は昨日のうちに結果をお知らせする予定でしたが、ちょっと遅くなってしまいました。

前回報告したものも含め、11月16日から11月25日までの間になくなったドングリ番号です。
4番、13番、16番、22番、23番、24番。
合計6個のドングリがなくなっていました。

前回の結果報告の時にも書きましたが、今は森中にネズミたちの食べ物であるドングリはたくさん落ちています。
その中で、全部で26個おいたドングリのうち、6個をネズミが持って行ったというのは、決して少なくはないような気がします。

また、前回も紹介した16番のドングリの追加報告です。
前回は16番ドングリは残っていたのですが、その周りに置いていた寄せ餌のドングリがたくさん持ちさられていました。
今回はどうだったかと言うと・・・、

141118donguri1.jpg
11月16日

141118donguri2.jpg
11月18日

141125donguri3.jpg
11月25日

今回は16番ドングリも含め、全てのドングリがなくなっていました。
このそばにすんでいるネズミは、たくさんのドングリをもらって、さぞや嬉しかったことでしょう。

ドングリ実験は今回で終了します。
まだドングリが残っていた人は、機会があれば森に足を運んでみてください。
その時はドングリが無くなっているかもしれませんよ。
(ガン)

2014.11.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

森をいろどるハゼノキ

森を科学する第1回目、森をいろどるハゼノキの活動報告です。
森の様々ないきものを実験を通してよく知っていこうというこの講座、この日はあいにくの雨、火やら実験用具を使うため森での開催を断念、急遽室内で行いました。
じつは、第1回目はこれで三年連続雨なんですよね~。

1411091.jpg
ですが、雨にも関わらずたくさんのかたが参加され、かぶれるとして危険生物と言われているハゼノキをよく知っていただけた講座になりました。
1411092.jpg
ハゼノキの様々な秘密を知った後は、ハゼノキの果実から木蝋を取り出す実験。みんな黙々と作業開始です。果実からタネを取り出し必要な果皮をガーゼに包み、蒸し絞る。木蝋は取れた?取れない?なかなかしっかり木蝋を取り出すのは難しかったですが、絞った後に手を洗ったら、ロウソクのような白いものが付いたと子どもたちから報告がありました。

1411093.jpg
さて、木蝋がたくさん取れないだろうというのは想定内。次は事前に準備した木蝋からロウソクを作る実験です。本格的に型に流し込み櫨ロウソクを作りました。

今回、ハゼノキの果実からロウソクを作れるということもみんな驚いていましたが、子どもたちが一番驚いていたのはキツネノ小判がハゼノキのタネということでしたね。ロウソク作りでは用無しのハゼノキのタネ。袋いっぱい持って帰る子もいました。

森のいきものたちをよく知ることのできるこの講座。次回はフクロウ(11/16終了)です。

くま

2014.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

11月の湿地再生活動

11月の湿地活動の報告です。
この日は、湿地を覆ったアオミドロの除去や水路の補修を行いました。

1411081.jpg

1411082.jpg

少人数での活動でしたが、子どもたちは元気いっぱい活動を楽しみました。
そうそう、カヤネズミの巣も見ることができました。
来月の活動はお休みです。
次回は年明け、ブログでお知らせします。

くま

2014.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

太宰府移動自然博物館

只今、私の母校、太宰府市立国分小学校にて「太宰府移動自然博物館」開催中です。
先週の火曜日から今週の木曜日まで、渡り廊下スペースをお借りしてパネルやら標本やら写真やら、そして日替わりで動物の骨に生きた昆虫、色々な植物を持参して、身近ないきものへ興味を持ってもらえるようお昼休みにスタッフが子どもたちと直接やり取りをしています。

141113.jpg
この日の展示物は身近にある様々な植物やタネ。

1411142.jpg
自由に触ってもらったり、匂いをかいでもらったり、子どもたちはとても楽しそうです。

1411133.jpg
こちらは「いきものの樹」、子どもたちが好きな生き物や生き物を守るために出来ることを葉に書いてもらい、大きな樹を作っていきます。

141114.jpg
毎日来てくれる常連さんもちらほら。こちらは1年生男子。好きな生き物がたくさんいるそうです。

1411134.jpg
あっという間に大きくなった「いきものの樹」、最終日にはどれだけ大きくなっているでしょう。楽しみです。

141118.jpg
これは6年生女子が書いてくれた一枚の葉。私たちの思いが伝わっているんだなとなんだか嬉しくなってきますね。最終日までたくさんの子どもたちにまずは身近ないきものたちのことを少しでも知ってほしいです。

くま

2014.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

フクロウ講座ドングリ実験

11月16日(日)の「森を科学する2 森にすむフクロウ」講座の中での実験の結果の報告です。

フクロウは食べ物としてとネズミを好んでとらえると言うが、森でネズミを見かけることはほとんどない。
本当に森にはネズミがたくさんいるのだろうか?

と言うことで、森の中にネズミが大好きなドングリを置き、ドングリがなくなるだろうか?と言う実験をしました。
ドングリには、参加者のみなさん一人一人の番号を書き、それをネズミがやってきそうだな~と思うところに置いてもらいました。
そして今日、ドングリが残っているのか?、なくなっているのか?、なくなっているのは何番のドングリなのか?を確認してきました。

今回は一人に一つのドングリと言うことで、1番~26番までのドングリを森の中に置きましたが、今日確認しに行った結果、「4番」と「13番」のドングリがなくなっていました。
きっと、ネズミが運んでいったのでしょう。

また、次の二枚の写真を見てください。
141118donguri1.jpg

141118donguri2.jpg
ドングリ番号は16番。
一枚目は実験を始めた時の写真で、二枚目は今日の写真です。
実験開始時には16番ドングリを含め合計12個のドングリを置いていたのですが、今日は16番ドングリを含め8個のドングリしか残っていませんでした。
また、ドングリの位置も動いていました。
この16番ドングリのそばにはネズミのものと思われる穴も開いており、おそらくその穴からネズミが出てきて、ドングリを持って行ったものと思われます。

・・・で、今日森に行って思ったのですが、良く考えて見れば、この時期の森にはたくさんのドングリが落ちており、実験のために置いたドングリにネズミが行き当たる確率はかなり低いはず。
と言うことで、もうしばらく実験を続けます。
あと1週間ほどドングリの様子を見てみようと思います。

その結果は来週火曜日、11月25日にご報告しますので、引き続きお楽しみに~。
(ガン)

2014.11.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 自然学校

今日(11/16)の活動

今日、11/16の活動「森にすむフクロウ」の開催場所は太宰府市民の森です。
参加者のみなさん、お待ちしております。

くま

2014.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

冬鳥飛来中

「10月になったな~。涼しい日が増えてきたな~。」と思っていたのはついこの前。
気付けば11月になり、早くも中旬に突入。
気温もグッと下がり、冬の気配が漂い始めています。

冬鳥たちも続々と飛来中。
森や水辺など、野鳥の声でにぎやかになってきました。

141111oshidori.jpg
オシドリ。
近所のため池に来ていました。
まだまだこれから数が増えていくでしょう。

141111miyamahoojiro.jpg
ミヤマホオジロ。
毎年、本格的な冬が始まってからお目にかかっていたのですが、今年は早くも姿を確認できました。

今のところ、冬度たちの数は順調に増えているようです。
良い冬になりますように。
(ガン)

2014.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 鳥類

明日(11/9)の活動

明日(11/9)の「森を科学する」第一回活動は雨のため場所を太宰府市の文化ふれあい館で行います。
ハゼノキの秘密迫ります。
お楽しみに!!

くま

2014.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

今日の活動

11/8(土)湿地再生活動、ありますよ~。
現地集合、現地解散で9:30~12:00までです。

明日は雨かな・・・。

くま

2014.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

湿地再生活動

明日(11/8)は、毎月恒例の湿地再生活動の日になります。
9:30~12:00 
お天気は今のところ曇りのようです。
みなさんのご参加お待ちしております。

くま

2014.11.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 募集

募集します

11/22、のんびり太宰府市民の森を散策しましょう。

小学生以上でしたらお子さん一人でも大丈夫。もちろん大人の方一人でも大丈夫。昆虫やらキノコやら木の実やら、とにかく身近な生き物を探しながら秋の森を散策しましょう!!なんとお土産付です。何かは来てのお楽しみ。お待ちしております。

141103chirashi.jpg

くま

2014.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 募集

~お知らせ~


太宰府市役所、展示ブースにて「太宰府移動自然博物館~だざいふのいきものたち~」開催中。
準備中、そして巡回中もたくさんの方に声をかけていただきました。
「昔、よう採り行きよったよ」
「こげん綺麗なチョウもおるったいね」
「全部太宰府におるとね」
「写真が綺麗かね」
などなど。市役所とのこともあって年配の方が多いですが反応は上々。ブースに立って見に来てくれた方々とおしゃべりするのはとっても楽しいです。みなさん、市役所にお立ち寄りの際はぜひのぞいてみて下さいね。

141028.jpg

くま

2014.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

ブログ内検索