チョウ 3種

昨日に続いて、山で最近見た生き物の紹介です。
今日はチョウ。

090818goishishijimi
まずはゴイシシジミです。
これまで全然姿を見かけたことがなかったのに、突然大発生していました。
(大発生というほどではないかも知れませんが、とにかく多かったです・・・。)
まとまっていた場所では1m四方ほどの笹やぶに8個体がかたまっていました。
1箇所であんなにたくさん見たのは初めてでした。
それとも、場所によっては普通にたくさんいるのでしょうか?

ちょうど産卵シーズンのようで、アブラムシの仲間(?)のコロニーに産卵する♀をたくさん観察することができました。
ゴイシシジミの幼虫は肉食性で、このアブラムシを食べて成長するそうです。
今度は幼虫を探しに行きます。

090818janomechou
次はジャノメチョウ。
2009年7月29日のブログで、「7月上旬でないと綺麗な個体が見られない」というようなことを書きましたが、生まれたばかりのような、キズのない、綺麗な個体をたくさん見ることができました。
ジャノメチョウは年1化性だったと思うのですが、発生のピークが2回ほどあったのでしょうか?
個体数は7月下旬より多いぐらいでした。

090818oochabane
最後はアザミの花で吸蜜するオオチャバネセセリ(手前)とベニシジミ(奥)です。
オオチャバネセセリは数は多くないものの、行けば必ず見られます。
見つけると、何となく嬉しい気持ちになるのです。

最近チョウの紹介ばかりなので、次回はチョウではない虫の紹介です。
(ガン)

スポンサーサイト

2009.08.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索