虫いろいろ

最近見た生き物紹介シリーズの最終回はいろいろな虫です。

まずはハネナガウンカの仲間です。
090819hanenagaunka
アカハネナガウンカという種のようです。
ススキなどの群落でよく見られるようですが、見つけたのは昨日紹介したゴイシシジミが群れていた笹やぶのそば。
ハネナガウンカの仲間はあまり見たことがないので、嬉しい発見でした。
この後カメラの前に移動してくれて、絶好のシャッターチャンスとなったのですが、葉を揺らす風が止むのを待っている間にどこかへ飛んでいきました。
ハァ~、今思い出しても悔しい~。

090819oniyanma
次は山麓の小さな流れで産卵していたオニヤンマ。
オニヤンマの産卵は、ものすごい勢いで水底の砂に卵を産み付けていきます。
ちょっと静かにしていると「バスッ、バスッ」とその音が聞こえてきます。
でも意外と神経質で、気をつけて撮影しないとすぐにどこかへ飛んで行ってしまうんですよね。

090819rurimonhanabachi
最後は、久し振りに見ることができたルリモンハナバチ。
「ブルービー(青いハチ)」と呼ばれるように、黒地に青い斑紋が入ったとても綺麗なハチです。
何年か前に太宰府市民の森で見つけたときは写真が撮れず、まほろば自然学校のクマちゃんに話しても「嘘だ~」と信じてもらえませんでした。
今回は写真付き。
クマちゃんも「ワァ~」と驚いていました。
見つけたのはこの1個体のみ。
あまり数は多くないのでしょう。

お盆休みの間に見た生き物はまだまだいますが、今回はこれぐらいで終了とします。

いつも言うことですが、太宰府の森は実に面白い。
遊びに行くたびに新たな発見があります。
まだまだ計り知れない底力を秘めている、そのような感じです。

(ガン)

スポンサーサイト

2009.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索