「昆虫標本編」終了

本日、「いきものふれあい講座2009~昆虫標本編~」の第5回活動が無事に終了しました。

090822hyouhon05-1
最後の活動では、前回作製した標本を標本箱に移し、名前を調べ、ラベルを付ける作業を行いました。
正しい名前を調べ、採集場所、採集日等を書き込んだラベルを付けることで、標本は学術的な価値のあるものへとなります。

090822hyouhon05-2
最後にみんなで、完成した標本を手に記念撮影。
今年も立派な標本ができました。

昆虫標本作製には「かわいそう」などと反対の声があがることもあります。
確かに、それまで生きていた“虫”を殺して標本とすることは“かわいそう”です。
でも、学術的にはものすごく“価値”のあるものなのです。
“かわいそう”という意識をきちんと持ちながら、それでも生き物を“標本”として半永久的に保存していくことは、生き物のこと、生命の価値を頭だけでなく、感覚として学ぶための一つの手段となるのではないかと思います。

まあ、このような話には人それぞれに考え、主張があるかと思いますが、まほろば自然学校では、このような考えの下、来年度もこの講座を行っていこうと考えておりますので、是非皆さん、また来年ご参加ください。

(ガン)

スポンサーサイト

2009.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索