門司でクマソ

先日、昆虫観察会のお手伝いで行った北九州市門司区の白野江植物園でクロマダラソテツシジミを3個体確認しました。

090922kumaso
クロマダラソテツシジミ、通称「クマソ」は、もともと沖縄などの南方にすんでいた小型のチョウですが、最近福岡県など九州北部でも確認の情報が得られており、特に今年は大発生が続いている話題のチョウです。

北九州市では若松区では確認されているようでしたので、「門司区にもいるかもね~」と園内のソテツ周辺を探してみると、合計3個体を確認することができました。
結構フレッシュな個体ばかりでしたし、ソテツの新芽には幼虫の食痕のようなものもあったので、園内で発生したのかもしれませんね。

ちなみに太宰府ではまだ未確認です。

(ガン)

スポンサーサイト

2009.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索