クロマダラソテツシジミ

今年、九州に留まらず関東地方まで出現した南方起源のチョウ、クロマダラソテツシジミ。
太宰府でも確認されていましたが、今日は低温型の個体を見ることができました。

091030kumaso
ソテツの葉の上で、2組のカップルが交尾しており、その周辺にはあぶれたオスが飛び回っていました。
このカップルの向かって左側のクマソは低温型のようです。右側のクマソはもう一息でしょうか?
ちなみに低温型のほうがオスではないでしょうか?

来週は気温が下がるようですが、クマソもそろそろ姿を消すのではないでしょうか?

来年もまた会えるかな?

(ガン)

スポンサーサイト

2009.10.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索