市民の森初巡り

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

ということで、2010年初の市民の森巡りに行って来ました。
着いて早々気づいたのが、カメラを以前使っていたちょっと古い物を持ってきてしまったこと。
ファインダーの視度が合っていなかったのか、おかげで写真のピントが全てずれていました。
(単に腕が悪いだけ、と言う気もしますが・・・)

何はともあれ、今日であった生き物を紹介です。

100103kogamo
池ではコガモが二羽浮かんでいました。
先日みたアメリカコガモ(?)は見当たらず・・・。

100103enaga
林の縁で小鳥の群に出会いました。
写真はエナガですが、メジロ、コゲラ、リュウキュウサンショウクイなどの混群でした。
リュウキュウサンショウクイは久し振りに写真が撮れたのですが、見事にピントが外れてしまい、残念でした。

100103joubitaki
ジョウビタキは餌を取りながら頭を掻き掻き。
今年はジョウビタキが少ないような気がしているのですが、どうでしょうか?

そろそろ帰ろうかとしていたところで、以前自然学校の活動中、参加者の男の子が「前にタヌキの巣穴があった」といって、林縁の斜面をウロウロしていたことを思い出しました。
そこで、その辺りを探してみると・・・

100103suana
ありました。巣穴ですね~。
ただタヌキは自分では巣穴を掘らないので、アナグマかキツネの巣穴なのでしょう。
そのあとでタヌキが使った可能性はありますが。
いずれにせよ、巣穴の入り口には落ち葉が溜まっており、近くの地面等を見ても、現在何らかの獣が使用している形跡はありませんでした。
まあ、近くに行くたびにチェックはしてみようと思います。

新年早々おもしろい発見もあり、何となく順調なスタートのような気もします。

(ガン)

スポンサーサイト

2010.01.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索