アカギカメムシ北上中?

1月23日の陸上編の活動中、太宰府小学校の昆虫大好き少年H.I(2年生)がふっと私の足元から拾い上げた虫の死骸。
なんとそれはアカギカメムシでした。

アカギカメムシは南西諸島など暖かい地域に生息し、アカメガシワを寄主としベニツチカメムシやエサキモンキツノカメムシ同様卵保護行動をするカメムシです。
しばしば長距離を移動するとも記載があるので、この個体はたまたま移動してきた個体かもしれません。
ですが、個々最近、福岡でも確認記録があるそうで、これはひょっとすると・・・近いうちにアカメガシワでアカギカメムシが卵保護行動をする姿をみることになるやもしれません。

今年の太宰府は雪も多く、地球温暖化といわれてもピンとこないかもしれませんが、確実に自然界に何らかの変化をもたらしています。取り返しがつかなくなるまえに今一度、自分の行動を見つめなおして欲しいと思います。


100123akagi1のコピー


100123akagi2のコピー


第3回の活動の様子はのちほどアップします。

くま


スポンサーサイト

2010.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索