アカガエル産卵

気温はまだ少し低いですが、外は春の気配が感じられるようになりましたね。

毎年この季節に行っているアカガエルの産卵調査に行ってきました。
本当の狙いは里山にすむ止水性のサンショウウオであるカスミサンショウウオの生息地なのですが、毎年見つからずアカガエルの産卵調査になってしまいます。

今年も同じで、また新たに見つけた場所に行ってみたのですが、なかなか雰囲気は良いものの、カスミサンショウウオは生体も卵も見つかりませんでした。
四王寺山周辺には生息していないのでしょうか?

・・・で、見つけたアカガエルの卵。
100207akagaeru
産卵して間もないと思われるものもありあましたが、結構発生の進んでいるものも多く、すでに孵化している卵隗もありました。
おそらくニホンアカガエルの卵。
アメリガザリガニの幼体もかなりいたので、孵化した幼生のいくらかはザリガニに捕食されることでしょう。

多くのアカガエルが上陸できますように。

(ガン)

スポンサーサイト

2010.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 両生類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索