干潟環境教室

4月24・25日と、佐賀県鹿島市で行われた某新聞社主催の環境教室に行ってきました。

テーマは有明海の泥干潟。
一歩足を踏み入れれば簡単に腰ぐらいまで入り込んでしまう軟泥質の干潟で、ムツゴロウやカニ、ゴカイなど、そこにすむ生き物と環境をテーマとした体験型環境教室です。

私の学生時代の恩師が講師を勤めている関係で、ここ数年、毎年アシスタントとしてお手伝いしてきました。
24日は気温が低く、風も強い中での活動だったため、私が参加した年の中では最悪の天候でしたが、それでも皆さん寒さに負けず干潟に突入し、とても楽しんでくださっていたようでした。

また、まほろば自然学校の活動にいつも参加してくださっている男の子とお父さんもいらっしゃっていました。
太宰府市には海はなく、大きな川の下流・河口にも位置していないため、当然干潟はありません。
そのような環境の中で生活している方が、日本では有明海にしか残されていない大規模な泥干潟とそこにすむ生き物に興味を持ち活動に参加してくださったことは、個人的に非常に嬉しく、楽しい出来事でした。

この干潟教室は今年で10回目(10年目)だったのですが、とりあえず、今回で最終回となりました。
毎年、圧倒される規模で数多くの生き物達との出会いを支えてくれた有明海の干潟には心から感謝しています。

有明海は今、諫早湾の堤防開放問題で揺れています。
どのような結果となるにせよ、せめて現存する干潟だけは、これからも今と変わらない姿で後世へ残されるよう願うばかりです。

まほろば自然学校でも、いつか有明海に出かけるような活動ができないかと考えてくださっています。
いつの日か実現できるように私も頑張りたいと思います。


100425higata
干潟教室の舞台となった佐賀県鹿島市の干潟。
何回来ても感動と興奮に満ち溢れてた場所です。

(ガン)

スポンサーサイト

2010.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

ブログ内検索