新燃岳

宮崎県まで日帰り出張してきました。

本当は日帰り出張ではなく、予定していた仕事が現場の都合でキャンセルになり、そのまま引き返してきた次第です。

その原因がこれ。
110127shinmoe01

テレビのニュースでも大きく取り上げられていた、霧島山系の新燃岳の噴火です。
そのすさまじい火山灰で今回の仕事先は100m先の視界もきかず、全く仕事ができる状況ではありませんでした。

上の写真は宮崎道下りの霧島SAから撮影したもの。
拡大すると、こんな様子です。
110127shinmoe02

ものすごい量の噴煙がモクモクと噴き出していました。
私は学生時代を鹿児島で過ごしたので、活発に噴煙を上げる桜島のおかげで、火山灰に対する免疫は比較的あるほうだと思っているのですが、これほどの噴火と火山灰に遭遇したことはほとんどありません。
火山灰が降り積もっている地域の方は、とても大変な目に合われていることでしょう。

別の場所からの写真も。
110127shinmoe03

向かって左側、噴煙の流れている先に見えている高千穂峰は、麓から1/4から1/3程度が火山灰で灰色に染まっていました。

いつまで噴火が続くのでしょうか?
昨年の口蹄疫に始まり、鳥インフルエンザ、火山の噴火と、宮崎は不運続きですね。
早く、平穏な日々が戻りますよう、お祈りいたします。

(ガン)

スポンサーサイト

2011.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

ブログ内検索