アゲハ幼虫

2011年5月1日の記事で、庭のカボスに産み付けられたアゲハの卵を紹介しましたが、その後も卵は数を増やし、幼虫も見られるようになりました。

110519ageha1
やはり今年もナミアゲハばかりのようです。
近所ではナガサキアゲハなども飛び回っているのですが、そちらは産卵しないようです。
カボスは嫌いなのでしょうか?

110519ageha2
体色の黒っぽいタイプ。
どちらも2齢幼虫でしょうか?

昨年は小さなカボスの樹を丸坊主にするぐらいの勢いで孵化した幼虫たちが成長していたのですが、今年はなぜか2齢と思われるサイズまで成長した後、姿が見えなくなります。
他の生き物に捕食されているのではないかと思うのですが、今のところ、アゲハの幼虫食べに来ている動物を見かけてはいません。
アシナガバチやスズメなどがあやしいと思っているのですが・・・。

卵はまだまだ続々と産み付けられています。
そのうち、他の生き物からの圧力をかいくぐって大きくなる幼虫が出てくることを期待しています。

(ガン)

スポンサーサイト

2011.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索