腐生ラン

ちょっと前に森を歩いていた時にランの仲間と思われる花を撮影していたのですが、その名前がやっと分かったので紹介です。

110705usugi1

110705usugi2

どうやら、「ウスギムヨウラン」というランで、ランの仲間でも「腐生ラン」と呼ばれるランのようです。
「腐生ラン」とは、光合成を行うための葉緑素を持たず、土中の菌から栄養をもらい続けながら生活するランだそうです。

で、このウスギムヨウラン、正確には覚えていないのですが20株以上はあったように思います。
ちょっと気になって「福岡県の希少野生生物」という福岡県の絶滅の恐れのある生き物を紹介しているホームページで検察してみると、福岡県では「絶滅危惧IA類」に指定されている植物で、非常に絶滅の危険性の高い種とされています。
また「犀川町に唯一の標本産地があるが、その後は現存の再確認はされていず、現状は不明である。生育環境は丘陵地で採集されたこと以外は不明である。」とも書かれていました。

そんな植物が20株以上も生育していた。
結構すごいような気がしますが、どうなんでしょうか?
いかんせん、植物については知識が乏しいので、その辺りの検討がつかないのが残念です。
また来年、花の時期に見に行ってみようと思います。
(ガン)

スポンサーサイト

2011.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索