奇妙なもの

草むらを歩いていると、奇妙なものを発見。

110902tsunotonbo1
実物は初めて見たけれど、図鑑やネットで何度か見たことがある・・・。
帰って調べてみたけれど、やっぱりそうでした。
ツノトンボの卵と幼虫です。
アレチハナガサの茎にビッシリと産み付けられた卵は半分以上が孵化しており、孵化した幼虫と未孵化の卵が並んでいました。

110902tsunotonbo2
拡大するとこんな風です。

110902tsunotonbo3
ツノトンボはウスバカゲロウと同じアミメカゲロウ目というグループに属する昆虫です。
ウスバカゲロウと言えば、幼虫はアリジゴク。
アリジゴクを掘り出してみたことって、ありますか?
ツノトンボとウスバカゲロウの幼虫、良く似た姿をしていますね~。

110902tsunotonbo4
こちらは孵化の真っ最中。

110902tsunotonbo5
正面から見るとこんな感じ。
他の幼虫にはある立派な顎が無い様に見えるんだけど・・・。
よく分からん・・・。

は~、面白いものを見ることができました。
ところで、ツノトンボと書いてきましたが、ツノトンボにも何種類か仲間がいたはず。
これって、いわゆるツノトンボで良いのだろうか?
もうちょっと調べてみよう。
(ガン)

スポンサーサイト

2011.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索