日韓自然環境学習事業その7

さて、塩田体験を終え、子ども達はそのまま塩生湿地へと向かいました。
ここは塩生植物(塩分濃度の高い場所で生育する植物)であるアッケシソウ、シチメンソウが一面はえていました。これらは秋口になると葉を赤く染めますが、この時ははちょっと紅葉には早かったです。韓国に行かなくても佐賀県東与賀町の有明海に面した泥の海岸でも自生した塩生植物のシチメンソウなどが観察できます。ちょうど今頃見ごろだと思います。
kannkoku48.jpg

kannkoku49.jpg

湿地見学を足早に終え、隣接する塩博物館の見学をしました。ここは昔の石造りの塩倉庫をそのまま博物館にしており、大平塩田の歴史や塩の役割などの説明や展示物がありました。小さな博物館なので30分ほど見学した後は道路を挟んだ階段をのぼり、塩田を一望できる展望台へと向かいました。
kannkoku50.jpg

展望台から見た大平塩田です。
kannkoku52.jpg

展望台から見た塩生湿地です。
kannkoku51.jpg

ここで、一芸をした人には特別な塩(塩の結晶を焼いて薬になるとか・・・)をあげるよとのスタッフからの話でしたが、誰もしたがらず、結局、スタッフ自ら一芸を披露していましたね。それで特別に福岡のK君が舐めさせてもらっていましたが、ゆで卵の味がしたそうです。
kannkoku53.jpg

盛りだくさんの体験をしたみんなはホテルに戻り、休憩を挟んでいよいよ自分たちの日頃の環境保全活動の発表会がありました。各県持ち時間は5分、福岡県は急遽4人で発表に挑み、ぶっつけ本番でしたがきちんと発表しておりました。
kannkoku54.jpg

発表が全て終わった後は、今までの活動を振り返り感想書きと子ども達の交流の時間に当てられました。
kannkoku55.jpg

kannkoku56.jpg

夕食はホテルを出て、曾島内のオサンスローフード店で韓国の家庭料理を味わいました。ここで子ども達が一番おかわりしていたのが韓国のり!!最後にはお店の韓国のりがすべてなくなってしまうほどでした。
kannkoku58.jpg

大人に人気だったのが写真の右上に少し写っているカニの醤油漬け、韓国の人はみんな大好きで家庭でも箱買いするのだそうです。
kannkoku57.jpg

盛りだくさんの一日で、お腹もいっぱいになりホテルに戻りました。これで2日目の報告は終了ですが、子ども達はホテルに戻ってからも部屋でカップラーメンを調理したり、暴れて怒られたりといろいろとあったようです。

くま

スポンサーサイト

2011.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 旅行記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索