秋の森から その2

引き続き9日の写真から、バッタの仲間をいくつか。

111010hanenaga
ハネナガイナゴ。
まだ朝露に濡れていました。

111010hoshisasakiri
ホシササキリ。
頭についた朝露を前肢で集め喉を潤した後は、肢先のお手入れ。

111010tsuyumushi
ツユムシ。
セスジツユムシ?
・・・やっぱりツユムシでしょう。

111010enma
エンマコオロギ。
写真が撮れたのはメスだけでしたが、オスもあちこちで鳴いていました。

111010haraokame
ハラオカメコオロギ。
できれば顔を上手く撮りたかった・・・。

111010yachisuzu
こちらはヤチスズでしょうか?
何やら小さなのがたくさんピョコピョコしていましたが、写真が撮れたのはこいつと、上のハラオカメコオロギとマダラスズの3種のみ。
あ~、きっとまだ他にもたくさんいたんだろうな~。

これまでバッタの仲間はあまり興味がなかったので、撮影・観察・同定をほとんどしていませんでしたが、なかなか面白そうなグループです。
これからは、もう少し意識的に目を向けていきましょう。

いつものことですが、今回は特に名前が間違っている可能性がありますので、あしからず・・・。

(ガン)

スポンサーサイト

2011.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索