池の団扇

池で見かける団扇の紹介です。

団扇と言っても昆虫の話。
池で見かける団扇昆虫と言えばウチワヤンマとタイワンウチワヤンマ。

120801uchiwa
こちらがウチワヤンマです。
腹部の先の方に団扇のような突起がついています。
池の周りなどで、杭や草の先端に止まっている姿をこの時期良く見かけます。

120801taiwanuchiwa
こちらがタイワンウチワヤンマ。
ウチワヤンマと良く似ており、同じような環境で一緒に見かけることも多いのですが、良く見ると、ウチワヤンマでは団扇の中にあった黄色い斑紋がタイワンウチワヤンマでは見られないことが分かります。

どちらも特別珍しいトンボということはないと思うのですが、それでもこの独特のスタイルのトンボを見つけると妙に嬉しくなってしまいます。

ところで、どちらも「ヤンマ」と言う名前が付いていますが、実はギンヤンマなどが属するヤンマ科のトンボではなく、サナエトンボ科と言う別のグループのトンボです。
何とも紛らわしい話です。

(ガン)

スポンサーサイト

2012.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索