和白干潟

昨日、アクアソーシャルフェス 2012に参加してきました。アクアソーシャルフェスとは地域ぐるみで環境活動に取り組んでもらおうと、トヨタ自動車が行っている新たな市民参加型の自然保護キャンペーンです。全都道府県50カ所で展開しており、ここ福岡での開催場所は和白干潟でした。渡り鳥の中継地点として有名で、「和白干潟を守る会」さんが長年、ラムサール条約への登録を目指し様々な活動を行っているなど、もちろん和白干潟はよく知っていたのですが、実は行ったことはありませんでした。
1209220.jpg
アオサが水面を覆い、匂いもあり、正直、あまり綺麗な干潟とは言えないところでした。これは人工島(アイランドシティ)の建設が影響しているらしいですが・・・。1209221.jpg
しかも周りはゴミ、ゴミ、ゴミ。お菓子のビニール、使い捨てライター、ペットボトルの蓋、洗濯ばさみ、飲料水のストロー。ゴミの多さに唖然としました。
1209222.jpg
今回、アクアソーシャルフェスイン福岡では、和白干潟の清掃活動と自然観察会ということで102人もの人が集まったそうです。その中の一人として私もモクモクとゴミを拾ってきました。
1209223.jpg
みんなで拾えば、たくさんのゴミもあっと言う間に綺麗になりました。ですが、この状態も一ヶ月もすればまたゴミだらけになるそうです。ゴミを拾うのは簡単です。ですが、やはり根本的なところでゴミは捨ててはいけないとしっかり啓発して、捨てないヒトを育てていかなければ解決しない問題だなと切に感じました。

後半の生き物観察では、ヤドカリやアシハラガ二、それから初飛来したヒドリガモも見ることができました。

何はともあれ、たくさんの人たちが、和白干潟を守っていかなければならないと感じ、このイベントに参加している現状を大切にしていきたいですね。

くま

スポンサーサイト

2012.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索