九州自然体験の旅~干潟編~

9月29日(土)、台風17号が九州接近でお天気が心配される中、みんなの願いが届いたのか、雨も降らずに総勢42名で干潟体験を満喫することができました。
太宰府市を9時に出発し、鹿島の道の駅には11時前には到着することができました。1209291.jpg
到着時はまだ海の水が岸までありチャプチャプ波打っていました。

1209292.jpg
その後、現地集合組みと合流し、実はもともと干潟の生き物、ゴカイが専門のガンちゃんから干潟のお話をしてもらいました。

1209293.jpg
雨が降ってはいけないと、お話の後すぐに昼食をとり活動時間を早めました。この弁当は鹿島の道の駅に特別に注文した地産地消弁当。ムツゴロウやエビのかきあげ、地元でとれたナシやミカンなどが入っていてとても美味しかったです。

1209294.jpg
海水がだいぶ引いたのがわかると思います。

1209295.jpg
スタッフの方から干潟の入り方、潟スキーの使い方の説明後、ドロドロで誰が誰だかわからなくなる前に写真を一枚。

120929hennsyuu2.jpg

1209297.jpg

12092911.jpg
せっかくまほろば自然学校できたのでということで、干潟の生き物探しをしながら干潟体験を満喫しました。大人は大はしゃぎ、子ども達も潟スキーを上手に使い沖に出てモクモクと生き物探し。一時間しっかり干潟を楽しむことができました。

120929hennsyuu1.jpg
みんなの採集した生き物たち。

12092912.jpg
捕まえてきた生き物達をガンちゃんに同定してもらっています。

12092913.jpg
上がる際は、まず消防で使うホースをつかって、勢いよく泥を落としてもらってシャワーになります。これが水だから冷たいし、勢いがあるから痛い・・・。

12092914.jpg
泥を落として、着替え、最後に干潟を眺めながらまとめを行いました。捕まえた生き物達はムツゴロウ、トビハゼ、ワラスボ、アリアケゴカイ、ウミマイマイ、ヤマトオサガニ、ハクセンシオマネキなどなどたくさん捕まえてきていました。最高得点を取ったチームはワラスボをただ一人捕まえたチームでした。商品として上位5チームは鹿島道の駅特産ののりや羊かん、お茶を手にすることができました。

太宰府を飛び出しての自然環境教育の旅、前日は台風の進路に悩ませられながらも無事に終了することが出来ました。あっと今の一日でしたが、これを期に参加者のみなさんには干潟の魅力に取り付かれていただきたいと思っています。全国的に少なくなっている干潟、海の生き物にとってはなくてはならない干潟、大事に未来に残していかなければなりませんね。また来年も行きましょう!!

くま

スポンサーサイト

2012.10.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索