森を科学する~森を支える土~

「森を科学する」始まりました。第1回目の内容は森を支える土。
ですが、残念ながらこの日は雨のため、場所を太宰府市文化ふれあい館に移して行われました。
1211111.jpg
雨でしたがたくさんの人たちに来ていただきました。
1211112.jpg
初めに西日本短期大学の金澤弓子先生から土に関するお話をしていただきました。土は化粧品や胃薬などにも使われていること。スプーン一杯の土の中には地球に住むヒトの数と同じくらいたくさんの生き物がいることなどびっくりするお話もありました。
1211113.jpg
お話が終った後はいよいよ科学実験です。まず、5種類の違う場所から採取してきた土をじっくり観察しました。
1211114.jpg
観察したあとに気づいたことを書き出して、発表してもらいました。
1211116.jpg
次に土のphを測る実験をしました。土を精製水に溶かし、それをろ過し、それによって分けられた土の成分が溶けた水溶液にphを測る薬を入れました。さて、どうなったかというと・・・?
すべて、弱酸性の土であることがわかりました。金澤先生のお話によると日本は雨が多いのでほとんど弱酸性の土だそうです。
1211115.jpg
そして、土の生き物を採集する「ツンベルク法」による生き物観察。土に上から光を当てて、土にすむ生き物たちを下に追い出す方法です。
1211117.jpg
ここでは1時間ほどしか光を当てておくことが出来なかったので、十分採取はできませんでしたが、トビムシの仲間やムカデの幼体、クモの仲間など観察することができました。

さて、来週は「森をつくる樹木」です。今日から寒くなるようですが、日曜日はぜひ晴れてほしいですね!!

くま

スポンサーサイト

2012.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

ブログ内検索