森を科学する~森をつくる樹木~

18日、お天気もよく、紅葉も一番よい時期の中、「森を科学する」第2回目『森をつくる樹木』が行われました。
1211201.jpg
まずは、いくつかのお題をもって森へ散策へ。お題は植物に関することだったのですが、みんな興味は様々。

1211202.jpg
こちらは、水たまりのエビとりに夢中。

1211203.jpg
こちらは、学生さんのガイドの下まじめに樹木の勉強中。

1211204.jpg
こちらは、キノコちゃんによるキノコガイドツアー。

1211207.jpg
キャンプ場にもどり、まずは科学実験のセットを行いました。今日の実験は、樹木が酸素を出していることを確かめる実験です。樹木が酸素を出したら色が変わる水溶液を作り、その中へ自分の採取してきた葉の付いた植物を入れ、しばらく待ちました。

1211206.jpg
なるべく太陽の光がたくさんあたる場所に置き、水溶液の変化を待ちました。

1211205.jpg
待っている間に、土の講座の時にもお世話になった西日本短期大学の金澤先生に樹木のお話をしてもらいました。森での樹木の役割や、紅葉の仕組みなどなるほどなるほど話をたくさん聞けました。

  121120hennsyuu1.jpg
そして、水溶液がどうなったかという結果です。酸素を出していると黄色がかった液が青色に変化するのですが、入れた植物は様々。一番青く変化していたのはなんとスギでした。実験を何度もしてしっかり検証してみないと確定はできないですが、スギは成長が早く、やはり出す酸素の量も多いのではとのことでした。こちらもなるほどなっとく実験結果でした。変化がなく、がっかりしていたお友達もいましたが、それも結果です。これをきっかけに楽しい科学実験にも自分でチャレンジしてくださいね。

青空の下、太陽の光を浴びて、その光を利用した実験。楽しく、貴重な体験でした。

くま

スポンサーサイト

2012.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

ブログ内検索