年越しカメムシ

明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

昨年のことです。
冬枯れのクヌギを何気に見ていると、茶色く変色した枯葉に緑色の物体を発見。
何だろう?と近づいてみると・・・

130105kame1
2012年12月16日

枯葉の上にジッとしているオオクモヘリカメムシでした。
成虫で越冬する昆虫の冬越しと言えば、樹皮の隙間や朽木の中、ススキなどの植物の根際など、直接風などが当たらず、温度変化の少ない物陰を選ぶイメージだったのですが、こいつは寒風吹き付ける枯葉の上に陣取っていました。
さて、いつまでここにいるのかな?と時折見ていると、

130105kame2
2012年12月26日

130105kame3
2013年1月4日

年を越しました。
(写真の構図が若干違うので分かりにくいかもしれませんが・・・。)
この後いつまでここで粘るのか見ものです。
この葉が落ちるまでは同じ場所にいるかもしれません。

もうしばらく、時折観察してみようと思います。

(追記)1月8日には、寝床の葉を残したまま姿を消していました。

(ガン)

スポンサーサイト

2013.01.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

ブログ内検索