陸上編 第2回活動報告2

この日の太宰府市内は雪は積もっていなかったものの、時々小雪が舞い散り、とても寒い日になりました。ですが、こんな寒い日でも森の生き物たちの営みは続いています。
そんな生き物たちの冬の姿をいくつかそっとのぞいてみました。
まずは、産卵が始まっているニホンアカガエルの卵塊を探しました。

1301271.jpg
イノシシが掘り返した穴に水が溜まり格好の産卵場所となっています。

1301272.jpg
この日は全部で20卵塊見つけることが出来ました。

1301273.jpg
次に水の中の生き物達です。ターゲットはゲンジボタルの幼虫でしたが、ガガンボの幼虫やカワゲラの幼虫、カワニナなどは入るもののお目当てのゲンジボタルの幼虫は見つかりませんでした。

1301274.jpg
そして、道なき道の斜面を駆け上がり、森の中で朽ち木をちょっと割ってみました。越冬中のヤモリやクマバチ、そしてコメツキムシの幼虫、そしてコクワガタのメスや幼虫も出てきました。

1301275.jpg
小雪が降っていたため、ガンちゃんのお話も手短にして次の活動に移りました。実は、冬の活動に参加してくれているみんなと3年前から森のある場所にカブトムシ牧場をこっそり造っているのですが、この日はそれの補強を行ってもらいました。

1301276.jpg
みんなで腐葉土になる落ち葉をせっせと運びました。

1301278.jpg
中には自分の洋服を脱ぎ、落ち葉を運ぶための道具としていました。もう一度書きますが、この日は小雪が舞うほど寒かったんです。

1301279.jpg
十分落ち葉を運んだあとは冬だけ遊ぶことの出来る秘密の場所でお楽しみタイム。子ザルがたくさん現れました。(サルといえば活動前にガンちゃんとくまちゃんは本物のニホンザルに森の入り口で会いました!!)

13012710.jpg
木登り子ザル。

1301277.jpg
ぶら下がり子ザル。

13012711.jpg
ツルに絡まれる子ザル。

13012712.jpg
ターザン子ザル。

130127.jpg
そして、カブトムシがここに来て卵を産んで、森にたくさんカブトムシが増えるよう願いを込めてみんなで一枚。冬の森を思う存分満喫した一日でした。

今度はいよいよお楽しみウォークラリーですよ。

くま

スポンサーサイト

2013.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索