ミヤマホオジロ

暖かい日が続いたので、春の虫たちが出てきているだろうと思い森に行ってみました。
しかし、そんな日に限って風が強くて気温も低め。
虫はあまり姿を見せてくれず・・・。

代わりに周りを飛び回っていたのがミヤマホオジロ。
名前に「深山(ミヤマ)」と付きますが、平野部でも林縁の藪や草地などで姿を見ることができる冬鳥です。
いつも、地上で食べ物を探している群にうっかり近づいてしまい、足元から森の中へ逃げ込まれてしまうのですが、今日は少し離れたところでカメラを構えてジッと観察していました。

130322miyama1.jpg

130322miyama2.jpg
森に入り込んだり、草の根元で食べ物を探したり。
久し振りにその様子をノンビリ見ることができました。

130322miyama3.jpg
ジッとしていると良いこともあるものです。
突然、私が姿を隠していた藪の陰から一羽のオスが飛び出し、目の前の木の枝に止まりました。
それしても、いつ見ても綺麗な鳥です。
黒、白、黄の配色もさることながら、全体的なバランスや、写真では分かりませんが、グレーに染まった腰も何とも言えないものがあります。
学名は「Emberiza elegans」、納得です。

130322ruribi.jpg
最後には、新芽が出始めたヤナギにルリビタキも姿を見せました。
(ガン)

スポンサーサイト

2013.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 鳥類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索