湿地再生活動

4月20日、太宰府市民の森にある水田跡地で湿地再生活動の説明会を行いました。
1304231.jpg
この活動は、まほろば自然学校が長年温めてきた企画で、やっとスタートを切れたことに嬉しさいっぱいです。
参加者は、年齢も4歳から80歳と幅広く、太宰府市内、市外からの親子、緑地環境を学ぶ西日本短期大学の学生さん、太宰府市内で森林整備を行う会「月山の会」のメンバーさんなどで、まさに多様性に富んでいて理想的です。さらに太宰府市役所の環境課からも視察のお二人が来ていただきました。

1304232.jpg
今、水田環境の減少でそこに生息していた生き物たちが急激に減少していること、それから、じつは整備していく場所は色々な規制がかかる史跡地で、ここの有効活動は注目されていることなどを私から説明しました。

1304233.jpg
東屋に移動して、ガンちゃんから戻って来てほしい、戻ってくるだろうと思われる生き物たちの説明、どのようなイメージを持って進めたいかなどの説明をしていただきました。
そして現地視察と合わせてカヤネズミの巣の調査も行いました。

1304234.jpg
色々な人たちの参加なので、視察中、みなさんの興味も様々。今後の整備の仕方、取水のやり方など、有意義な意見交換もあれば、オタマジャクシ採集、セリ摘み、基地づくりなども行われていました。

途中雨の降りだしが早く、少し時間を切り上げて現地解散となりました。

さて、次回は5月25日(土)、いよいよ整備活動に入ります。
まだまだ多くの皆様の参加をお待ちしております。

くま

スポンサーサイト

2013.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索