「化石発掘編」活動報告

9月28日、「九州自然大発見~化石発掘の旅~」終了しました!!
今年一番の人気講座で皆さんとても楽しみにしていたようです。

しかもとてもタイミングが良く、芦屋歴史民族資料館では「化石展」(10月31日まで)が行われていて、どんなものが化石か、そしてここではどんな生き物の化石が発掘されるのかをしっかりと事前に勉強をして化石を発掘することができました。
1309281.jpg

いよいよ発掘現場に到着です。目が慣れてくると洞山に埋もれた数々の化石が見えてきます。ですが、今回は山肌を直接掘ることは決してしないという約束で転がっている石をハンマーとタガネを使って上手に掘っていきました。それでも十分化石が出てくるそうです。
1309282.jpg

早速、みなさん思い思いの場所で発掘開始です。
1309283.jpg

その間、洞山の歴史的なお話、昔話などもしていただきました。洞山の洞穴は、その昔、神功皇后が戦に行く途中、芦屋に立ち寄り、必勝を誓って矢を射ると矢は島を貫通し、その穴が大きくなって洞穴になったという昔話があるそうです。でも一番印象に残ったのが、この洞山に夜登ろうとすると、平家の落ち武者たちが出てきて蹴落とすというお話です。
1309284.jpg

お昼ご飯の後も時間をとり、引き続き化石発掘や磯遊び、みんなそれぞれの時間を楽しみました。

そして、収穫した化石たちです。こちらはなんとサメの歯の化石です。こちらは掘り出したわけではなく拾ったものです。採集者いわくころんと落ちていて何だろうな~と思って先生に聞いたらなんとサメの歯の化石だったそうです。状態もとてもよく、羨ましい限りです。
1309285.jpg

こちらは巻貝の化石。
1309286.jpg

こちらも巻貝の化石。
1309287.jpg

最後、魚見公園から発掘現場の「洞山」を眺めて太宰府へと帰りました。お天気にも大変恵まれ、心地よい海風の中、約3000万年前に生きた生き物たちに出会う旅、とても貴重な体験をすることができました。
また来年も行きたいですね。
1309288.jpg

くま

スポンサーサイト

2013.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

ブログ内検索