初冬のカメムシ

先日森を歩いていた時のこと。

この時期になると必ずクヌギの幹を眺めます。
狙いは卵。
初冬にクヌギの幹に卵を産むクヌギカメムシの卵を探すためです。

何本目かのクヌギで見つけました。

131129kunugikame1.jpg
幹の割れ目に産み付けられていました。

131129kunugikame2.jpg
これまで見たことがある他のカメムシの卵と違い、ちょっとヌルっとした感じ。
寒い冬を乗り切るための工夫でしょうか?

131129kunugikame3.jpg
近くにはお腹がパンパンのメスも発見。

131129kunugikame4.jpg
しばらく幹をウロウロしていましが、近くの割れ目に入り込みました。
背後には、既に産み付けられてた卵が見えます。

このところ、一段と冬の気配が濃くなってきました。
生き物たちも冬越しの準備に大慌てのことでしょう。

(ガン)

スポンサーサイト

2013.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索