イノシシ実験その後

「森を科学する」の第3回講座、「森にすむイノシシ」の中で、イノシシの出現ポイントを推理しセンサーカメラでその姿を撮影しようという実験をしましたが、その結果の報告です。

第3回講座の前後から、活動エリア周辺にはイノシシが現れている形跡がなく、センサーカメラにも残念なことに何も写らない夜が続いておりました。
しかし先週の金曜日の夜あたりから、再びイノシシが出没しているような形跡があり、新しい足跡を多数確認することができました。
そこで、活動の中で推理したイノシシ出現ポイントのうち・・・、
131209ino3.jpg
最も足跡が多数確認できたエリアに近いこの場所にカメラを設置しました。

すると・・・

131209ino.jpg
分かるかな?
中央よりやや左寄り。
暗やみに光る二つの目玉。

131209ino2.jpg
拡大してみると、何となくイノシシのように見えるかな?

ちょっとカメラから遠い場所だったのではっきりとその姿をとらえることはできませんでしたが、みんなで推理したポイントの一つでイノシシを撮影することができました。

これからもイノシシなど、夜の森を動き回る動物たちの撮影は続けていきます。
その結果はまた紹介していきますので、お楽しみに。
(ガン)

スポンサーサイト

2013.12.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索