ヒメカマキリ

ヒメカマキリを見ました。

ヒメカマキリは体長3cm程の小型のカマキリで、九州にはヒメカマキリのほか、良く似たサツマヒメカマキリと言うのがいます。
この写真からでは両種の区別が難しいのですが、ネット情報などから、何となくヒメカマキリではないかな?と思っております。
(確証はありませんので、あしからず・・・)

ヒメカマにせよ、サツマヒメカマにせよ、これまでほとんど見たことがありません。
むしろ、もっと小型のヒナカマキリの方が出会った回数は多いぐらいですね
久し振りに見たな~と思ったら、交尾中でした。

140929himekama.jpg

こうして見ると、良く見るオオカマキリと比べ、オスとメスの大きさにそれほど差がありませんね。
オスの方が小さいことは小さいですが。

もっと近くで見ようと接近すると、死んだふりして草むらの中に落ちていきました。


今日は自宅の裏山からタカの仲間のサシバの鳴き声が聞こえてきました。
秋の渡り途中の一時的な飛来でしょう。

カマキリと言い、サシバと言い、秋がますます深まっていくのを感じます。
(ガン)

スポンサーサイト

2014.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索