カエルの季節

先週の金曜日のこと。
昼の気温も高かったし、前の夜には結構しっかり雨が降っていたし、そろそろ第一次ピークかな~?と思い、夜の湿地に出かけてきました。

何のピークかと言うと、カエルの産卵です。
カエルの産卵と言うと春から初夏のイメージもありますが、この寒い季節に、わざわざ冬眠を中断して卵を産むカエルがいるのです。

この湿地でもニホンアカガエルと言うカエルが卵を産みに来ます。

150117aka1.jpg
湿地に到着すると、すぐにメスを待ち構えるオスの姿が目に入りました。

150117aka2.jpg
光を当てると水中に潜り込むヤツが結構いますが、それでも30個体ほどのオスを確認することができました。

湿地にやってきたオスは、「キョ」と「ピョ」の中間音のような鳴き声で「キョキョキョキョ」と鳴きます。

そんなオスの鳴き声を聞きながら写真を撮影していると、もう一つ別の鳴き声が聞こえるのに気づきました。
「クヮラルルル」
私にはそんなふうに聞こえる鳴き声です。
間抜けなことに、その時は「は~、ニホンアカガエルってこんな声でも鳴くんだ~」と思ってしまったのですが、その後強くなった雨のため早めに帰宅する途中、「あれ、さっきの鳴き声は・・・?」と思い当りました。
帰ってインターネットで調べてみると、その鳴き声はニホンアカガエルと良く似たヤマアカガエルというカエルのものでした。

これまでこの湿地ではニホンアカガエルしか確認できていなかったので、てっきり産卵に来ているのもニホンアカガエルばかりと思っていたのですが、実はヤマアカガエルも産卵に来ていたようです。

2個体のカエルを撮影した写真。
150117aka3.jpg
手前はニホンアカガエルなのですが、奥にいるのがヤマアカガエルのようです。
すぐに現地で気付けば、もうちょっとちゃんと撮っておいたのにな~。

来年からは両方のカエルの観察です。
真冬の楽しみが増えました。
(ガン)

スポンサーサイト

2015.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 両生類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索