ニホンミツバチの分蜂

ニホンミツバチの分蜂を初めてみました。
それはそれは命のエネルギーそのものでした。

ですが、この分蜂、非常に残念ですが駆除をされてしまいました。
理由は小学校の敷地内だったということです。

分蜂中のニホンミツバチはめったなことではヒトを刺しません。それはミツバチに役割が決まってないからだそうです。また分蜂は一時したら移動してなくなります。先生方の中にこうした知識、またこれがどんなにめったに見られない貴重な現象かということを誰かお一人でも知っていたら、子どもたちにとってどんなにいい勉強、経験になったことかと悔やまれます。危ないから近づいてはいけないという校内放送が入ったとのことですが、ぜひ一人でも多くの子どもたちにこの貴重な分蜂を見てほしかったですね。

またこのことから、私たちのやるべきこと伝えることの大切さを再確認できました。
物事知っていたら何かがかわりますもんね。

sIMG_5642.jpg

くま

スポンサーサイト

2015.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 昆虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブログ内検索