職場体験学習受け入れ無事終了

9月15日から17日までの職場体験学習受け入れ無事終了です。
3日間、たっぷりとありのままのまほろば自然学校を体験してもらいました。

初日、事務所兼自宅に開始時間40分前に到着した二人、洗濯物を干していた私はあわてて二人を迎え入れました。
いやいや、遅刻するよりは早目の到着、いいことです。

市内の中学校に通う二人は、研究者と学芸員というしっかり明確な夢を持つ中学二年生。
まずは、私たちの活動、仕事がどんなものかを一通り説明して、早速フィールドである市民の森へ移動しました。「イ」の刈り取り、池堀、土曜日の活動で使用する場所の倒木整理、それから次回の活動で使用するチョウの捕獲、そして2日目の雨対策として自分たちの標本用の昆虫採集、途中お昼休憩や偶然来られた知り合いの方々との交流も交え初日の体験終了。

1509171.jpg
「イ」の刈り取りの様子。

1509172-2.jpg
足元も泥んこになりながら、頑張りました。

そして二日目、天気予報通り雨模様。
一日室内での作業となりました。自然学校で最も大事な仕事としての昆虫の標本作り、補虫網を振りかざした昆虫採集も初めてだった二人にとっては、もちろん標本作りも初めて。1日目に採集していた昆虫たちを黙々と展翅、展足する作業を集中してやり遂げました。そして土曜日の活動での下準備などを経てあっという間に2日目終了。
1509173.jpg
標本作製の様子。

最終日、お天気も味方して朝からさわやかな陽気の中、湿地での作業開始です。この日は湿地に生息するアメリカザリガニの駆除。午前中いっぱい水網を持って、二人で100匹ほど捕獲しました。途中、先生もお見えになって二人の頑張りをしっかり見ていただけました。

1509174.jpg

午後、お昼のお弁当は森で食べ、休憩もそこそこにある場所へ移動。
ある場所とは・・・。
九州大学の箱崎キャンパスです。ここで開催されている「きらめく甲虫」の見学に行ってきました。これも立派な仕事のうちです。展示の仕方や世界の生き物に目を向け、自分たちの仕事にいかせるのですからね。それから研究者、学芸員になる夢を持った二人をどうしても連れていきたかった!!期待に応えるべく二人は、私が何も言わずとも初日に渡したフィールドノートにしっかりわかったことを書き記していました。
1509175.jpg

そしてまだこれだけでは終わりません。太宰府に帰って来て、最後にお店との打ち合わせの現場に連れていき、次回活動での協力を一緒にお願いして、最終日の体験活動を終えました。

3日間の体験を通して二人は何を感じてくれたでしょうか?私たちはこの受け入れを通して、NPOの活動を仕事として動かしていく事の意味をしっかり見つめ直すことができました。
二人が最後に笑顔で手を振って、自転車で帰っていく姿を見送って、まほろば自然学校初の職場体験受け入れが無事に終了しました。

くま

スポンサーサイト

2015.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索