FC2ブログ

森を科学する 第二回活動報告

11月23日、「森を科学する」第二回目、「森の植物たち」でした。植物、何をしようかな~と考えました。そして今、私が改めて面白いと思い収集している「タネ」に注目しました。植物にとってタネは命を伝え、子孫を残す大事なもの、まずは、森の中の様々な植物からタネを集めてくるのがミッションです。

グループに分かれ、自分たちで行先を決めてスタートです。あちこちにあるタネを下を見たり、上を見たり、色々なところから見つけてきました。
1711233.jpg

1711231.jpg

1711235.jpg

1711234.jpg

1711232.jpg

1711237.jpg

1711238.jpg

1711236.jpg

いつも食べているフユイチゴは、食べてプチプチとタネを感じることが出来たり、トウカエデのタネは、飛ばしてくるくる落ちてくるのを楽しんだり、洋服いっぱいにねばねばしたタネをひっつけてきたり、動物のウンコの中にテカテカしたアケビのタネを見つけたり、どんどん発見してタネ入れ容器は満杯になりました。この頃の寒さで体調を崩してお休みする子が多かったですが、寒い中でも元気に森を駆けずり回る子どもたちにたくましさを感じました。中には暑いという子も・・・。
さて、冬の森の活動は次回12/3に続きます。お楽しみに~。

くま

スポンサーサイト

2017.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然学校

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

ブログ内検索