キノコ

色々と面白いものがあるもので。

インターネットで「シイタケ栽培キット」なるものを購入し、食べるのは嫌いな娘が楽しそうに栽培していました。
あまり期待はしていなかったのですが、かなりの勢いでシイタケは成長し、10日間ほどで無事に収穫できました。

シイタケが大きくなってきた頃から楽しみにしていたのが「胞子」の観察。
暗い所でシイタケに逆光気味に光を当てると、シイタケが盛んに放出している胞子を観察することができるのです。

130312kinoko1

130312kinoko2
この2枚の写真が、シイタケの向こうから懐中電灯で光を当てている様子。
シイタケの周りに煙のような胞子が舞っているのが分かります。
全くの無風状態だと胞子は下に落ちるようですが、懐中電灯を動かしたり、私の呼吸の度に出てくる鼻息などのちょっとした空気の動きに反応し、胞子はあちこちに飛び散っていました。

130312kinoko3
この写真はストロボを使って撮影。
上の2枚とは少し違った雰囲気の写真になりました。
胞子が煙のようではなく、点で撮影できました。

もう一つ楽しみにしていたのが「胞子紋」。
キノコの軸の部分を切り取って傘だけの状態にし、紙の上に一晩程放置。
空気の流れが発生しないようにコップなどをかぶせておくと、放出された胞子がまっすぐに紙に落ち、キノコの形が紙にかたどられるというものです。

130312kinoko4
黒い折り紙の上に綺麗な胞子紋が描かれていました。

しかし、これだけ多くの胞子を放出しているシイタケ栽培キットが置かれているのは我が家のリビング。
部屋中にシイタケの胞子が充満していると思うと、それはそれで微妙なものがありますね・・・。
(ガン)

2013.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

響灘ビオトープ

ちょっと前のことになりますが、北九州市若松区にある響灘ビオトープに行ってきました。

121228hibiki1
ここは元々、廃棄物処分場として埋め立てられた所でだったそうで、その後利用されないまま長期間放置されていたところ、雨水が溜まり、植物が生え、野鳥をはじめたくさんの動物が住み着くようになったため、ビオトープとして整備され、平成24年10月に正式オープンしたばかりの施設です。

121228hibiki2
周囲は工場などが立ち並ぶ環境で、見晴らし台から周囲を見回すと、そのことが良く分かります。
その様な環境でありながら、野鳥をはじめ、トノサマガエルやメダカ、ベッコウトンボやコガタノゲンゴロウなどの絶滅危惧種を含む、多様な生物が生息する場所です。

121228hibiki3
ビオトープ内には観察路が整備されており湿地や草地などの環境を観察することができるのですが、一般客が入れるのは、全体の4分の1弱程度のエリアで、その他は保護区域として立ち入りが禁止されています。

121228hibiki4
野鳥を驚かさず観察できるよう、観察台が設けてありました。
目隠しとなっている観察台に開けられた観察窓から湿地を見ることができます。
(写真は我が息子。)

121228hibiki5
観察窓から見るとこんな感じです。

121228hibiki7
ビオトープ内にはタカの仲間のミサゴが営巣するためのミサゴポール(ミサゴ用人工営巣台)が設けてありました。
この日はカラスに占拠されていました。

121228hibiki8
入口にはビジターセンターがあり、園内の情報やメダカ、カヤネズミなどの生き物も展示されています。

121228hibiki9
ビジターセンター内で、施設の方から「良い写真が撮れたら提供してください。」と声をかけられたのですが、この日撮影したのは、この証拠写真レベルのアオサギのみ。
水辺の多い施設なので、カモなどたくさんの野鳥が観察できるだろうと期待して行ったのですが、予想に反してカモは1羽もいませんでした。
カモだけでなく全体的に鳥が非常に少なく、ちょっと残念でした。

次はトンボ類が観察できそうな暖かい時期に行ってみたいと思います。
(ガン)

2012.12.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

春の訪れ

やっと暖かくなってきましたね。
天気が良い日はすっかり春の雰囲気です。

120318fuguri
オオイヌノフグリ。

120318tsukushi
ツクシも姿を見せました。

今年は冬が寒かったせいか、ウメも開花が遅れたし、サクラも遅れそうな予想のようです。
虫たちにはどんな影響が出てくるのでしょうか?

楽しい季節の到来です。

(ガン)

2012.03.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

春の気配

今日から3月。
昨日は思いがけず雪が積もり驚きましたが、それほど寒くはなく、梅の花もチラチラ咲き始めています。

120301otama
アカガエルの卵も孵化し、オタマジャクシが出始めました。

120301yokodunakame
ヨコヅナカメムシの幼虫もノロノロと活動を始めました。

春の気配。

楽しみです。

(ガン)

2012.03.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

ツララ

雪が積もった先週のこと。
庭に置いている鳥用の餌台に小さなツララができていました。

120205tsurara
小さな3本のツララ。
次の日には綺麗になくなっていました。

この冬は、もう一度ぐらい雪が積もるのでしょうか?
(ガン)

2012.02.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 自然その他

«  | HOME |  »

プロフィール

mahorobird

Author:mahorobird
「まほろば自然学校」
太宰府市内で生き物を通した環境教育を推進しています。
設立;2005年8月
代表 岩熊 志保

フェイスブックページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆募集中の活動◆

◎毎月第2土曜日・・・湿地再生活動

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索